CMEでのビットコイン先物の上場は、もうすぐ?

CMEとは、アメリカのシカゴにある北米最大の金融と商品のデリバティブ取引(先物取引など)の取引所です。

少し前に、ビットコインの先物取引を上場するという話題が出て、ビットコインの価格の上昇に影響を与えたとも言われています。

今回、上場予定の日程が12月の2週目というニュースがでました。もうすぐですね。

(CryptoCurrencyMagazineより)

ビットコインの先物取引の上場がなぜ、話題になるのか?

ビットコインの先物取引自体は、CMEのようなデリバティブ取引所でなくても取引することはできます。

例えば、国内だとビットフライヤーのような仮想通貨取引所でもビットコインの先物取引サービスを行っていたりします。

しかし、CMEのように、金などのコモディティや日経平均などの株価指数など多くの先物取引を扱っている、ある種公的なデリバティブ取引所で取引ができるようになるという点が話題となっているわけです。

このような世界的な取引所が取り扱うことになるようになると、もしかすると機関投資家が動き出すのではないかという思わくが、ビットコインの価格を引き上げた理由として考えられています。

今のビットコイン市場は、個人投資家や一部のヘッジファンドなどが主な取引主体だと言われています。

金融機関などの機関投資家は、興味はあっても、ビットコインのような実態のよくわからない所へ投資することができないからだそうです。

しかし、世界的にも大きなデリバティブ取引所で取引ができるとなれば、話は別だとなります。

つまり、投資信託のような機関投資家などもビットコイン取引に参入してくる可能性が見えてきたという事になるわけです。

以前、ビットコインのETFを上場させようと、ウィンクルボス兄弟が米SEC(米国証券取引委員会)に申請をしましたが、承認されなかったという話がありました。

理由は、透明性が見えないという理由です。

たとえば、市場規模が小さすぎたり、一部の人がその市場を牛耳るようなことがあるのではないかなど、一部の人の思わくで価格が動かされる危険、わかりやすく言えば、価格が適正なのかどうかの保証が見えないということです。

そういわれるとなんとなくわかる気もします。

そして、ビットコインETFが米SECに上場を認めてもらうためには、先物取引の上場が先なのではないかといった話がありました。

先物取引の市場規模はとても大きいです。一部の人間でどうこうできる市場ではありません。

そうなると、資産の価格に適正さが整ってくると考えられ、いわゆる透明性がでてくるのではないかという事です。(公的な取引所で膨大なお金が動いて取引される価格が、その資産の価格の基準になってくるというわけです。)

こうなると、いろんな想像が湧いてきます。

ビットコインの先物取引が世界的な取引所で取引されるようになることで、機関投資家などの資金もビットコイン市場に流れてくるのではないか?

ビットコイン先物の登場で、今度こそビットコインETFの上場が米SECに承認されるのではないか?

ビットコインETFの登場によって、ビットコインに興味はあったけど、仮想通貨取引所に口座を開いてまでビットコインを購入しようとは思わなかった人も参戦してくるのではないか?

ビットコイン取引が一般的になるようになって、ビットコインが一資産として認められ、ビットコイン投資信託なども登場し、より広い意味での個人投資家もビットコインを購入するようになってくるのではないか?

などなど。

ビットコインをめぐる環境がさらに拡大していくことも十分にあり得るのかもしれません。

ただ、ビットコインにはハードフォークなどの不透明な部分があることも忘れてはいけいないのかなと思います。

ビットコインを分裂させて、お金を稼ごうとかいう考えがあるのではないかといった話も否定できません。

ビットコインが分裂すると、お小遣いみたいにお金が増えるなんて話も、よく考えなくてもおかしな話です。

その辺は、規制等をつかってしっかり管理されることを望むところです。

また、今回CMEに上場する予定のビットコインが、どのビットコインの価格で取引されるのかというところも重要なのかなと。

おそらく、そのビットコインが正規のビットコインとなって、分裂させて新しいビットコインを作っても誰も見向きもしなくなるといったことも想像できるのかなと。

なんにせよ、今回のビットコイン先物のCMEでの上場が、ビットコインが公的な資産として認められるための一歩となるような気がしています。

0コメント

  • 1000 / 1000