積立NISAは使えるのか?

来年2018年から『積立NISA』が始まります。

『積立NISA』は、NISAの積立型?といったもので、NISAよりも非課税期間が長いことが特徴です。

本来資産運用とは、長期間にわたって行うべきものであると考えるので、非課税期間が5年しかなかった従来のNISAは、その時点で制度としておかしかったと言えます。

今回の『積立NISA』で、本来のNISAに近づいたと言えるのかもしれません。


『積立NISA』の特徴。

まず大きな特徴は、非課税期間です。従来のNISAが5年間なのに対し、『積立NISA』は最長20年間となっています。

これならば、長期投資として使えそうな期間ですね。

それと、『積立NISA』では使える投資商品が限定されていて、「一定の指数に連動するもののほか、手数料や信託期間、純資産等について一定の条件を満たした商品。」となっています。

ただ、これが悪いことかというとそうでもありません。

『積立NISA』は非課税期間が長いので、投資した投資信託が運用途中で償還なんてことになってしまってはどうしようもありません。

その為には、長期間生きながらえてくれるだろう投資信託であることが重要だと思います。

長期間生きながらえる投資信託とは、資金がある程度継続的に入ってきて、資金不足にならないこと、長期投資のパフォーマンスを大きく下げてしまう運用手数料が低いこと、などが重要になってきます。

その為の商品限定とも考えられます。

実は、今金融機関が販売している投資信託のほとんどが、その条件に合わない投資信託だと言われています。言葉を変えれば、投資する人の資産形成に役立っていない投資信託だという事です。

逆に言えば、『積立NISA』で投資信託を買えば、そういう投資商品をつかまされることはないという事なのかもしれません。

それと、非課税投資枠ですが、年間40万円となっています。

40万円÷12ヶ月=3.3333・・・

あれ?割り切れない?

ちょっと中途半端な感じもしますが、分配金の再投資で『積立NISA』枠を使う可能性もありますから、月3万円というイメージなのでしょうか?


『積立NISA』の投資商品限定?

『積立NISA』では、選べる投資商品が金融庁のお眼鏡にかなったもののみという事ですが。

「一定の指数に連動するもののほか、手数料や信託期間、純資産等について一定の条件を満たした商品」となると、いわゆるインデックスファンドが該当してくるのかなというイメージです。

まだはっきりとした商品名が出てきていないようですが、金融庁のウェブサイトに公表されるようですね。

NISA特設ウェブサイト(金融庁)

『積立NISA』で取り扱われるであろう投資商品は、運用手数料が低いことが条件となっています。

そもそも運用手数料は運用のパフォーマンスに直接影響してきます。

例えば、信託報酬手数料が1%ということは、単純に運用パフォーマンスを1%下げているという事です。

国内株式にしろ、世界株式にしろ、世界債券にしろ、過去の統計から調べれば、だいたい何%のリターンになっているという概算の答え?は出ています。

例えば、国内株式は約6%前後、世界株式は約7%前後、世界債券は約4%前後、といった感じです。

つまり、それぞれの資産クラスへ投資をすれば、だいたいこの辺のリターンに収まるという事になります。

運用の技術やテクニックによるパフォーマンスアップというのはあまり期待しない方がいいと言われています。どこに投資をするのかでだいたいのパフォーマンスかは決まってくると考えれば。

上記のパフォーマンスから信託報酬手数料の%を引いた差額が、その投資信託のパフォーマンスという事になります。

さらに言えば、『積立NISA』の運用は複利で運用することが前提となっています。複利で20年運用するとなると、たった1%が大きな差になってきます。

例えば、毎月3万円を20年間積み立て、その期間の運用利回りが6%だとすると、20年後には「13,861,227円」になる計算です。

もし運用利回りを1%下げて5%にすると、「12,331,010円」です。

その差は、約150万円です。結構大きくないですか?

だから、運用手数料が低いことはとても大切というわけですね。


『積立NISA』は使えるのか?

結論から言えば、一般家庭の資産形成、老後のための貯蓄といった目的であれば十分に使えそうだというイメージです。

先ほど複利で運用した場合、運用手数料が高いと大きな差が出るということを言いましたが、資産運用では、手数料以外にも運用のパフォーマンスを下げるものがあります。

それは、税金です。

NISAの良さは、この税金が非課税になるという事です。つまり税金が非課税になれば、複利運用でさらにパフォーマンスを高めることができるわけです。

それと、『積立NISA』と似たような制度に確定拠出型年金がありますが、個人的には『積立NISA』の方が使い勝手がいいと考えています。

その理由は、確定拠出型年金は積立たお金を60歳以降まで原則引出しすることができませんが、『積立NISA』はいつでも引き出しができることです。

確定拠出型年金のように、60歳まで引き出しできないとなると積極的な積立が行いにくいです。

そもそも勘違いしている人が多いと思うので、改めて触れときますが、投資とは、余裕資金でやるものではありません。むしろ預貯金と同じ貯蓄活動の一つです。というよりもその預貯金でさえ、投資の一部であると考えます。

つまり、余裕資金でなんて考えず、むしろできるだけガンガン行っていくが正解です。

ということは、給料などで入ってきたお金から、生活費などで出て行ったお金を引いて残ったお金は、すべて「運用」に回す(預貯金も含めて)というほうのがいいと考えています。

しかし確定拠出型年金のように、引き出しに制限があると、この考え通りの運用はできなくなります。余裕資金以外をガンガン積み立ててしまったら、お金が必要になった時に困ります。

『積立NISA』は限度額年間40万円というのはありますが、基本引き出し自由ですから、お金があればガンガン突っ込んでいくことができます。

そういう意味で、確定拠出型年金よりも『積立NISA』の方が使い勝手がいいと考えるわけです。

それと、『積立NISA』が使えそうだという話で、一般家庭の資産形成や老後のための貯蓄という目的であればと付けていたのは、本気の投資家、専業投資家や投資で給料以上のお金を稼ぐなどを考えている人は別だからです。

そういった本気の投資家にとっては、『積立NISA』の投資商品限定が問題です。

本気の投資家は、より有利そうだと思うところへ積極的にお金を動かしていくものです。

おそらく『積立NISA』で取り扱える投資商品には、積極的にお金を入れるべき商品がない可能性が高いです。

本気の投資になると、まずインデックス投資というものに疑問がわきます。本当に投資で稼いでいる人にインデックス投資だけやっている人というのはまずいないでしょう。

それと手数料ですが、投資信託よりもETFの方が手数料は安いという事も理解しています。もっと言えば自家製投資信託(自分で数銘柄保有してポートフォリオを作ること)の方がもっと運用コストは低くできます。

さらに投資信託だけに限ってしまうと投資先が狭まってしまいます。例えば不動産投資とか、クラウドファンディング、純金投資、先物投資、ヘッジファンドといった選択肢がなくなってきます。

本気の投資家ならば、おそらくそういった投資先も検討しているものでしょう。

税制の面では魅力的なのですが、投資の面白さやよりよい投資を行うことを考えると、『積立NISA』も考え物なのかもしれませんね。



0コメント

  • 1000 / 1000