ビットコインはお金ではないというけれど、それってそんなに重要か?

ビットコインについて、「ビットコインはお金ではないです」とか「ビットコインはお金にはなれない」といった話をよく聞きます。

お金=法定通貨だとすれば、ビットコインがお金でないことも、将来にわたってお金として認めらることはなさそうだという事も当然の話です。

なぜ、「ビットコインはお金ではない」なんてことを今更言う必要があるのでしょうか?仮想通貨法の施行で、ビットコインなどの仮想通貨が通貨として認めらたと誰か言っている人がいるのでしょうか?

仮想通貨法でも、ビットコインを通貨として認めたなんて文言は一言もありません。仮想通貨法なんて言われていますが、実際には改正資金決済法が正しい言い方です。

そして、その中でのビットコインの取り扱いは、通貨などではなく、決済の方法として認めると言っているだけです。

まぁ、「決済に使える=通貨」みたいなものですが。

イメージでいえば、ビットコインは、改正資金決済法によって電子マネーのナナコやTポイント、商品券と同じ扱いになったといった方が近いのかもしれません。

「ビットコインはお金ではない」と否定するのはいいのですが、そもそもビットコインがお金である必要があるのでしょうか?

使う側からすれば、それ自体がお金でなくても「お金のように扱える」というだけで十分なのではないかと思うんです。

ビットコインがお金でなくても、他の資産、例えば円などの法定通貨や株式、債券、不動産、金などと交換できる存在だというだけで、お金かどうかなんてそれほど重要なことではないのではないでしょうか?

ビットコインをお金として認めるかどうかなんて些細なことだと考えるのはおかしいことなのでしょうか?

そもそも、ビットコインをお金として認めることは非常に問題がある行為だと考えます。

日本の借金である国債は、法定通貨である円で発行されています。

そして円は、日本銀行が好きなだけといっては語弊がありますが、いくらでも印刷することが可能なわけです。

その円を印刷できるという、通貨発行権を政府が握っていることで、日本の借金(国債)をうまくコントロールすることができるというわけです。

もしビットコインを法定通貨として認めてしまえば、日本政府に通貨を発行する権利がなくなり、金融危機の時に世界各国で行った量的緩和などの方法ができなくなってしまいます。

そのことを考えても、世界各国がビットコインのような民主主義的な通貨を法定通貨として認めるなんてことまずありえないと思うことです。

ビットコインが通貨であるかどうか、今後通貨になるのかどうかを気にしているのか、「ビットコインはお金ではない」とかいう話を最近よく見かけます。

個人的には、ビットコインがお金かどうかなんてどうでもいいことです。

ビットコインを他の資産と交換することができる環境があり、さらに他の資産と交換できるという性質によってビットコインに価値が認められ、ビットコインが取引される市場ができてて、しかも正常に取引されているということであれば、お金であろうがなかろうか、ただそれだけでいいわけです。

言ってしまえば、それで十分に金と似たような機能を持っていると言えるのではないでしょうか?

金は通貨ですか?そんなことはありません。

しかし、金には通貨以上の信頼性があると認められています。そのため金融危機などが起こると、防衛のために金を買うという行動に出るわけです。

しかも、ビットコインには金ではできない、近所のお店(まだ一部の店舗だけだけど)で決済できるというの機能も持ち合わせている。

そのことだけで十分なのではないでしょうか?

0コメント

  • 1000 / 1000