「頭と尻尾はくれてやれ」という投資格言!

株式投資をしている人ならば、ほとんどの人が聞いたことがある相場格言だと思います。

「頭と尻尾はくれてやれ!」

非常に、心にガツンと来る格言ですが、そもそも心にガツンとくるということ自体、できるようで中々できないことだからということなんですよね。


「頭と尻尾はくれてやれ」ってどういう意味?

欲望をそのまま実現できるのであれば、天井で売って、底値で買うということをやりたいわけですが、それこそ不可能というものです。

それが簡単にできるのであれば、だれでも大金持ちです。

そこで生まれたのが、「頭と尻尾はくれてやれ」です。

つまり天井だったことを確認してから売り、底値に達したことを確認してから買う。という天井と底値で取引することをあきらめるということです。

「なるほど!それなら可能性がありそうだ!」

と考えるわけですが、なかなか人の欲というのは強敵なものです。

わかっていても、天井で売りたいし、底値で買いたい。そう考えてしまうものです。

そう!そして失敗するのです。

『失敗例』

・天井を確認する前に天井と考えて売ってしまい、それが天井ではなかった時。しかも一度売ってしまうと、下がってくるのを期待してしまい、中々買い直しができなかったります。

底値も一緒。

・天井を確認したと思ったので売ったのに、また値を戻してしまった。これも中々買い直しができないものです。

底値も一緒。

・前回確認して売るのが早すぎたから、もう少し待ってみようと思っていたら、暴落に巻き込まれ売るに売れなくなってしまった。

底値も一緒。

etc


「頭と尻尾はくれてやれ」ってつまり順張り投資、トレンドフォロー戦略のことだよね?

天井と底値で取引することをあきらめ、天井を過ぎたこと、底値を過ぎたことを確認してから投資をする。

これってつまりトレンドフォロー戦略ですよね。

つまり、「頭と尻尾はくれてやれ」を実行するためには、トレンドフォロー戦略を行えってことのように思います。

トレンドフォロー戦略とは、トレンド入りが確認出来たら、そのトレンドと同じ方向でポジションを取るという戦略です。モメンタム投資とも言われたりします。

私自身は長期投資が主な戦略となっているため、実績を持って言うわけではないですが、短期売買などを行うトレーダーの取る戦略としては、トレンドフォローは非常に理にかなっている方法のように思っています。

トレンドの確認方法も大切ですが、特に重要なのは、トレンドフォローで戦う時の戦い方でしょう。

① 最初から大きく掛るようなことはせず、小出しで掛けていく。トレンドを確認したからと言っても、実際は当たるか外れるかわからないため。

② 損切りラインに必ず注文を入れる。できればトレーリングストップなどを活用するとなお良い?なぜなら、実際にはまだトレンドが反転していなかったときに、すぐその取引から降りられるようにするため。

あまり詳しくはないところではありますが、今までの知識と感覚から考えると、そんなところでしょうか?

でも、「餅は餅屋」。トレンドフォロー戦略を得意とする人に詳しく聞いた方が間違いないでしょうね。


0コメント

  • 1000 / 1000