手軽に太陽光発電事業に投資できる方法?

太陽光発電投資と言えば、固定価格買取制度(発電した電力を電力会社が政府が決めた価格で買い取る義務がある制度)があるからこそ意味があるという感じです。

しかし、最近では太陽光発電のコストがどんどん低下していて、すでに石炭火力発電のコストを下回っている地域もあり、さらに10年もすれば、天然ガスや風力などのコストも下回る、最もコストの安い発電になってくるかもしれないといった報道もあります。

固定価格買取制度が終わってしまえば、太陽光発電は終わりというイメージが強いですが、太陽光発電事業は意外と今後も有望な事業として残ってくるのかもしれません。


今現在の太陽光発電投資

今太陽光発電に投資しようと考えた場合、表面利回りは10%以上という案件が多いようです。

少し前までは、投資だけが目的ではなく、節税などの制度を利用するという人も多かったのですが、最近は節税に使える範囲が狭くなったこともあり、純粋に投資目的で太陽光発電事業を行う人が増えているようです。

そのため、投資家の期待利回りがそのまま今の太陽光発電投資に求められているという背景があるようです。その期待利回りが10%以上ということなのでしょう。

固定価格買取制度が20年間続くということから考えると、投資した金額にたいして、最低でも2倍のリターンは確保したいということなのかもしれません。

また、賃貸用不動産投資などに比べると、空室リスクもなく、管理も比較的楽なため、それで利回り10%が期待できるというのは、非常に魅力的な話に思えます。

しかし、太陽光発電投資をするには、千万単位のものがほとんどで、借入をして投資するなどの必要があることもあり、投資のリスクに不慣れな人にとっては、なかなか決断ができないところもあるのかもしれません。


少額でできる太陽光発電投資

実物の太陽光発電投資をしようと考えた場合、数千万円という単位の投資資金が必要になることが多いわけですが、実は1万円程度から太陽光発電投資を行うことができる方法もあります。

それは、クラウドファンディングを利用した太陽光発電投資です。

クラウドファンディングとは、ネットなどで多くの人から資金を集め、事業者などに貸付して利息を受け取るという新しいタイプの金融商品です。

クラウドファンディングを使った太陽光発電投資とは、太陽光発電を建設するための資金を事業者に貸付、利息をもらうという仕組みです。

太陽光発電投資ができるクラウドファンディング業者の例

・クラウドバンク

・グリーンインフラレンディング

とくにグリーンインフラレンディングは、ファンドの利回りが10%以上の案件が多く、太陽光発電投資をするのとほぼ同じくらいから、それ以上のリターンも期待できる商品となっています。


実物太陽光発電への投資か、クラウドファンディングか?

実物の良さは、土地などの実物資産を手にできるところと、20年間という長期にわたって運用できるという点です。

それに対し、クラウドファンディングの場合、ファンドの運用期間は1年程度を短いため、再投資を続けるにしても将来的には、利回りが下がってくるという可能性もあります。

しかし、クラウドファンディングを利用する場合には、実物太陽光発電のように、年数が経過することで太陽光発電設備が古くなり価値が低下していくといった心配がないところは大きいです。

また、実物投資の場合、賃貸用不動産投資もそうですが、管理費や修繕費といった支出が出てきたり、メンテナンスなどの手間がかかることもあり、その点でもクラウドファンディングの方が投資しやすいのかもしれません。

実物投資にしてもクラウドファンディングでの投資にしても、メリットとデメリットがはっきりしているため、どちらがいいかというよりも、どっちが好みかという話になってくる感じです。


クラウドファンディングでの太陽光発電投資を選択する場合?

ここからは、あくまで個人的な意見です。

①借入をしてまで投資をするつもりはない?

『私は沢山の人がお酒とレバレッジのせいで奈落の底に落ちるのを見てきた。レバレッジはすぐに借金に変わる。この世界では、レバレッジが必要になることなどめったにない。賢くやれば、借金などせずにたくさんのお金を作ることは可能だ。』

というバフェットの言葉があります。「借金はダメだ」というわけではなく、別に借金をしなくたって十分な資産は築けるんだよということのようです。つまり、あえて借金をしてまで投資をしなくたっていいということかもしれません。ただ「賢くやれば」というのがポイントなのでしょうが・・・。

②手間暇を掛けたくない。

太陽光発電投資はたいして手間がかかるわけではないですが、それでもクラウドファンディングの方が手間はかからないように思います。

また、太陽光発電ではパワコンなどが故障すると大変という話も聞きます、そういうリスクを考えればクラウドファンディングの方が楽かなと思ったりします。

③出口はどうする?

投資をするときは、何に投資をするにしても、出口戦略も同時に考えた方がいいことは間違いありません。

太陽光パネルの処分法や土地の利用方法、例えば太陽光発電が固定価格買取制度が終わったときに採算が合わないものとなった場合、利用していた土地は売れるものなのか?建物などは建てられるのか?といった点や、太陽光発電設備が賃貸用不動産投資のような中古物件として売却できる市場があるのか?といったところが気になります。

④太陽光発電はメイン?それともサブの投資先?

例えば、私の場合、投資のメインは株式投資だと思ってやっています。

つまり太陽光発電投資をするにしても、それはサブの投資です。ならばそこに資金を長期で固定してしまうよりも、クラウドファンディングなどで一時的に利用するということの方が合っているかもと考えたりします。


0コメント

  • 1000 / 1000