貸株サービスはお得なサービスなのか?

最近では結構当たり前のようになっていると思っていたのですが、意外と使っていない?知らない人も多い、貸株サービス。

貸株サービスとは株式を貸すことで、金利を受け取れるというサービスです。金利も0.1%~1.0%程度となっており、銀行預金や定期預金、個人向け国債といった金融商品の利率よりも高い数字になっています。


貸株サービスの注意点!

貸株サービスでは、株式を貸し出すことで、株式の所有者は借りた人になる。つまり貸し出した株式の所有権は貸している人ではなく、借りている人にあるということになります。

そうなると、株主優待や配当金といったものを受け取る権利も借りている人のところにあるので、貸している人は、それらの権利を失うことになります。

貸株サービスを利用していて、株主優待や配当金を受け取りたい人は、権利付最終日までに貸している株式を返してもらう必要があります。

中には、そういったことを自動で行ってくれる証券会社もあるので、貸株サービスを使っている人は、利用することを検討してみるといいかと思います。

それと、貸株サービスを利用しているときに証券会社が破たんするようなことになった場合には、株式を失うリスクもあります。

貸株ではなく、普通に保有している時には、証券会社が破たんするようなことになっても、分別管理や投資者保護基金などによって、顧客の資産は守られています。

しかし、貸株中はその対象から外れるため、株式を失うリスクが出てくるというわけです。


貸株期間中の配当金

貸株期間中の配当金は、配当金ではなく、配当金相当額として受け取ることになります。

配当金相当額とは、貸株をしなければ、本来受け取れるはずだった配当金額から、源泉税を控除した後の金額を受け取る貸株金利です。

名前に配当金という言葉が入っているため勘違いすることもあるかもしれませんが、あくまで配当金相当額は、配当金ではなく貸株サービスで受け取った金利の一部だということです。

この配当金と配当金相当額の違いは、配当金相当額は貸株金利なので、株式を貸していることで受け取れる金利と合算して、『雑所得』として所得税が課税されることになります。

ちなみに配当金は『雑所得』ではなく、『配当所得』になるので、所得税の計算方法が変わってくることになります。

税務上どちらが有利かと言えば、当然『配当所得扱い』になります。

配当金相当額では、すでに源泉税が控除された後の金額に、さらに雑所得として課税される可能性がありますが、配当金の配当所得では、配当所得控除などを使うことで、徴収された源泉税を還してもらうこともできるし、他の所得の状況によっては、申告不要を選択してさらに課税されるのを避けるといったことも可能なため、ほとんどのケースで配当金として受け取った方が税務上は有利になると思われます。


なんで株式を貸すことで金利がもらえるの?

貸株サービスは、株式投資にさらにインカムゲインを使いするという点で魅力的なサービスです。

〇 株式投資の利益 = 配当金(インカムゲイン)+売買損益(キャピタルゲイン)

これが、貸株サービスの利用で。

〇 株式投資の利益 = 配当金(インカムゲイン)+売買損益(キャピタルゲイン)+貸株金利(インカムゲイン)

になるわけです。

しかし、株式なんて借りて何に使っているの?と疑問に思う人もいるかもしれません。

貸株をやっている人に金利を支払っている株式を借りている人たちが行っていることとは、信用取引です。

いわゆる空売りというものです、信用取引で空売りをする人たちは、株式を所有せずに取引を行っています。

〇 空売り ⇒ 株式を借りる ⇒ 借りた株式を売る ⇒ 期限が来たら買い戻す ⇒ 借りていた株式を返す

という取引です。

つまり、貸株をするということは、その株式を売らせるということが裏で行われていると考えられるため、株式の価格下落に一役買っているということにもなるのかもしれません。

だったら、貸株なんてやらない方がいいのではないか?と思うかもしれませんが、そこまで危惧する必要はないと思います。

むしろ、下落相場が来るようなことになれば、空売りしたいという需要が増えることもあるかもしれませんから、需要と供給の関係で、貸株金利が上がるということも起こるかもしれません。

もしそうなれば、貸している側は、下落相場でインカムゲイン(貸株金利)が増えることで株式の価格下落を緩和することにもつながるかもしれません。(まぁ微々たるものだとは思いますが・・・。)

『株式投資 長期投資で成功するための完全ガイド』でも『ダウの犬投資法』でも、配当金の再投資が株式投資のリターンに大きな影響を与えると言っていました。また、高配当戦略は市場平均のインデックスを上回るということは、データでも検証されていて、実際高配当銘柄で組成されたインデックス(ダウ・ジョーンズ 好配当株式指数や野村日本株高配当70などといったインデックス)は、市場平均のインデックス(NYダウやTOPIXといったインデックス)を上回る成績を上げているようです。

つまり、配当金以外にも貸株金利というインカムゲインが得られるのは、かなり魅力的なことだと思われます。

0コメント

  • 1000 / 1000