好調が続く?株式相場、今年中の暴落はあるのかな?

本来、相場を予想しようなんて思うこと自体無駄なことだし、自ら相場を張っている人は、自分の相場予想を人に話したりすることもご法度なわけですが。

だいたい相場の予想なんて当たるものではないです。神のみぞ知る世界です。

ファンダメンタルなどで景気の行方を予想したとしても、株式相場は景気と関係なく暴落することが普通にあります。

逆に、景気が良くなるだろうと予測するころには、すでに株価は上昇していたりするものです。

株式相場なんて案外気まぐれなもので、でも時には人にはできない未来予測をしてしまう、不思議な存在。まさに神の世界と感じています。

自分で自ら相場を張っている人は、人に相場予測を話すことはあまりありません。

というのも、相場は予測できなということを身を持ってわかっているからなのでしょう。

たいがい、株式相場などで儲かった人の話を聞くのは、儲かった後です。「何に投資したら儲かったよ」という言葉ばかりです。

その後、その人に「何に投資したら儲かるかな」

なんて聞くと、たいがい「う~ん。どうかな?」「○○は割安になっていて面白そうだけど、○○の問題があるからなぁ」といった曖昧な言葉ばかりです。

こういうところで、儲かっている人は、情報を隠していて自分だけ儲けている。なんて思われているのかもしれません。

でも実際は、儲かっている人にも何が儲かるのかなんてわかっていないということです。

ただ、相場で儲かっている人は、投資の仕方を知っているというだけのことです。

それと、自分で投資をしている人が、相場予想や景気動向の予想などをあまり話さないのにはもう一つ理由があります。

それは、安易に人に自分の相場や景気動向の予測を話してしまうと、その人に話した予測に縛られてしまって、間違いに気づくのが遅くなったり、思っていたことと違うことが起こったときの対応に失敗したりということが起こるからです。

投資で儲けている人も、予測に絶対の自信をもって相場を張っているわけではないということです。むしろ、投資をしていない人よりも自分の予測が当たらないことを良く分かっているのだと思います。

予測もしないで、なんで投資で儲かるの?

それは、投資で儲けるための投資の仕方、方法を知っていて、そのルールに従って投資をしているだけなのだと思います。

「例えグリーンスパン議長が今後2年間の政府の金融政策を耳元で囁いてくれても、私がすることに一切変わりはない。」(グリーンスパンとは米国の金融政策を決定する連邦準備制度理事会(FRB)の元議長)

これは、ウォーレン・バフェットの言葉です。まさに景気動向がどうなるとかの予測とは離れたところで投資をしているという一例だと思います。

予測をすることは必要ないことだと散々言ってきたわけですが、2017年中に株式相場の暴落はあるのか?

そんなことは決してわからないことだけど、あってもおかしくないと思っています。

相場は、上昇と下落を繰り返すというのは、自然法則だと思っています。

米国の株式市場の10年ぐらいの長期チャートを見れば、リーマンショックのあった2009年以降ずっと上昇を続けています。

ならばいつかは下落するというのは、ほぼ間違いないことだと考えています。

株式相場は10年で一サイクルが終わるという話もあります。これも絶対ではありませんが、経験則として昔から考えられていることならば、昔から株式投資をしてきたベテランの投資家達の中には、そろそろ注意しておこうと考えている人がいてもおかしなことではないと思っています。

そうやって株式の買い手が減れば、今度は下落する方向にエネルギーが蓄積される可能性は高い気がします。

「もうはまだ、まだはもうなり」

株式相場の格言ですが、もうそろそろ下落するかなと考えていても、まだまだ上がるなんてことはよくあることです。

下落する相場がいつか来ることは間違いないのだろうけど、「いつか」まではわからないってことですね。

0コメント

  • 1000 / 1000