ビットコインはバブルか!?ビットコインの何がすごい?

ビットコインが1ヶ月で2倍になるなど、一部ではバブルではないかという声も出てきています。

ビットコインにこれほどの人気が集まったのには、今年の4月1日に仮想通貨法が施行されたことが大きいようです。

仮想通貨法とは、正しくは「改正資金決済法」のことで、この法律の中で、ビットコインなどの仮想通貨の取り扱いに対する規制等が盛り込まれ、政府がビットコインなどの仮想通貨を、商品を買ったりした時の支払(決済)に使うことを正式に認めたと考えられています。

実際には、ビットコインを使ったマネーロンダリングなどを取り締まるため、仮想通貨を売ったり買ったりする仮想通貨取引所を登録制にしたり、取引所の規模などで一定の基準を定めたり、取引所に対して、顧客の資産を保全するための制度を整えさせたりといった内容です。

これによって、仮想通貨取引所は金融庁の管轄となり、顧客資産の管理状況など、経営や運営がきちんとされているか監視が入ることになりました。

私個人としては、なぜこれがビットコインの価格を急激に上昇させる理由になったのかよくわからないところもありますが、ビットコインの使用を政府が認めたという言い方によって、ビットコインに注目が集まったのかな?という気がしています。

そもそも、ビットコインの何がすごいのか?

まずは、ビットコインを取り巻く環境では、マウントゴックスの事件など、数々の問題を起こしながらも、ビットコインの価格は上昇を続け、取引量は増えていっています。

これは、見方を変えると、かなり酷い目にあってもビットコインに価値を感じている人は増え続けているということなのかもしれません。

つまり、ビットコインの価値は意外と根強いと言えそうです。

次に、ビルゲイツが「今ある銀行は必要なくなる」と話したように、ビットコインなどの仮想通貨が当たり前のように使われるような社会になってくると、銀行口座がなくてもよくなるかもしれないということです。

今の日本では、銀行へ預金しても利息はほとんど付きません。むしろ振込をしたり、ATMからお金をおろしたりといったことをすると、利息以上の手数料を支払う必要があったりします。

日本人の銀行預金は、現金の保管場所というイメージで使っている人がほとんどのような気がします。

ビットコインはコインという名前から実際に所有しているというイメージがあるかもしれませんが、実際は、世界中の取引を記録した帳簿といった感じです。

どこからどこへ、どれぐらいのビットコインが動いているかというのを世界中のネット環境で記録しているというイメージです。

その記録があるため、誰にいまどのくらいのビットコイン残高があるのかが確定されているといった感じです。

銀行預金でいえば、銀行のサーバーで預金の出入りを記録していて、通帳に今どのくらいの残高が残っているのかを記録しているのと似たようなものです。

その銀行のサーバーに当たる部分が、世界中のコンピューターになります。一つの取引を複数のコンピューターで監視する仕組みのために不正が起こりにくいとも言えます。(マウントゴックスなどの不正は、ビットコインが問題だったわけではなく、マウントゴックスという会社が不正を起こした事件です。)

ビットコインなどの仮想通貨は、ネットにつながる環境さえあれば、ビットコインを送付したり受け取ったり、蓄えたりということができます。

つまり、スマホを持っていれば、わざわざ銀行に口座を作らなくても、ビットコインという通貨で保管したり、送付したり、受け取ったりができるということです。

身近なところに銀行窓口やATMがない国でも、スマホをもっている人はたくさんいます。そのような人たちは、銀行に口座を開くよりも、資産をビットコインとして保有すれば、スマホを財布や銀行のように使うことができるので、ビットコインが普及しやすいと言われています。

さらに、ビットコインを送付したりするときに係る手数料が、銀行などに比べてはるかに安いというメリットもあります。

それと、海外へお金を送付するときは、銀行からだと、外貨に替える時に手数料が発生し、さらに送金時に手数料が掛かるといった手間とコストが発生しますが、ビットコインは、その手間とコストがほとんどないというメリットがあります。

海外に送金しても、数分ぐらいで送金できるし、手数料もほとんどかからないといった感じです。

この辺は、非常に便利だと感じるところです。

また、最近では、仮想通貨の取引所でビットコインの定期預入といったサービスを行っているところもあるし、クレジットカードやプリペイドカードなどでビットコインを円などの法定通貨と同じように使えるようなサービスもあったります。

こうなると、日常の生活でも、銀行口座がなくても何とかなりそうだなと感じるところです。

銀行口座が必要なくなるかもというのは、とても影響力がありそうな話ですよね。

あと、ビットコインのすごいところは、円などの法定通貨のようにいくらでも作れるということがないという点もあります。

ビットコインの総量は最初から決められています。円などの法定通貨のように足りなくなったら刷ればいいということはできません。

この特徴は良く金と比較されます。

金も地球上で総量がほぼ決まっています。そのため、価値の保全として高い信頼を持っています。ビットコインには金と同じこの特徴をもつため、価値の保全が期待されています。

しかし、この点はまだ過信は禁物と思っています。そもそも金は世界中でその価値が認められ、大昔から金を価値あるものとして見てきたという歴史があります。

どこの国でも通貨に金を使用してきた歴史を考えれば、よくわかることだと思います。

その点、ビットコインにはまだ半信半疑な人が多く、怪しいものと考えられている感じもあります。もしこの雰囲気が変わり、誰もがビットコインの価値を認めるような時代になった時には、もしかすると、ビットコインは金に代わるものとなるのかもしれません。

むしろ、通貨としての使い勝手の良さは、金よりもビットコインに軍配が上がりますから、金以上の存在となることだってありえない話ではないと思っています。

それと、最近ビットコインにハードフォークという事件がありました。これはビットコインから総量を上乗せする新しいビットコインを作ろうという事件でした。

実際には、ビットコイン取引所などの反発?もあり、お流れになったようですが。

もしこれが可能で、今後同じようなことが起これば、金のような価値保全機能に疑問を感じるところです。

ビットコインには、いろんな可能性があると感じていますが、まだ過信するには早いだろうなというのが個人的な感覚です。

今はまだ、通貨というよりも投資として資産の一部にビットコインを加えてみようかという考えで付き合った方がいい気がします。


0コメント

  • 1000 / 1000