医療保険には加入する必要ない?

入院した時や、手術などをしたときに保険金を受け取ることができる医療保険。

おそらく今はほとんどの人が加入している保険ではないかなと思います。むしろ死亡保険に加入していなくても、医療保険だけは加入しているなんて人も結構いるかもしれません。

しかし、日本では公的制度として医療保障が充実しているため加入しなくてもいいなんて話もあったり、賛否両論な保険商品だったりします。


医療保険はいらない?

医療保険がいらないと言われる理由は、公的な医療保障の充実です。

ご存知かと思いますが、治療費は、2割とか3割とか年齢や所得などに応じて治療費の負担が軽減されています。

そして大きいのは高額療養費制度です。詳しい制度内容を説明しようとすると、いろいろと細かくて退屈な話になってしまうで、かいつまんで説明すると。

一月に係る治療費が高額になる場合には、負担する額に限度を設け、それ以上の金額は保障されるといった内容のものです。

所得などに応じて限度額は違ってきますが、イメージとしては個人で負担する額は一月10万円程度といった感じです。ただ保険適用外の差額ベッド代などは別になりますが。

医療保険が加入する必要のない保険だと言われているのは、その位の負担額なら、わざわざ毎月保険料を支払ってまで保障してもらうような額ではないよね。ということです。

確かに大きな出費ではありますが、家族の大黒柱が亡くなってしまうような、極端に生活を壊してしまうような問題にまではならないだろうという話です。

昔、保険会社に勤めていた時は、「私たちは保障屋だ。医療保険に加入させることは、保障屋の仕事ではない」なんて言っていた人がいました。

つまり、保険というのは万が一の時に、著しく生活を破壊していまうようなリスクから守るために加入するものということです。

そういう見方から考えれば、確かに医療保険はそれほどの効果を持つものとは違うと言えそうです。


医療保険はどのくらい支払うことになる?

医療保険に加入すると、入院日額10,000円の保険で、一生涯でだいたい200万円ぐらい支払うことになるかと思います。自動車一台ぐらい買えてしまうような金額です。そう考えると、医療保険の負担も結構無視できないものになってくるのかなと思えます。

さらに言えば、医療保険に加入している人の中には、1つの契約だけでなく、他にも加入していたり、がん保険に加入していたりといったケースも見かけます。

そうなると、生涯で200万円の支払いが、400万円や800万円なんてことになる可能性もあるわけです。


医療保険で支払った保険料は回収できるのか?

これは、ほぼ無理でしょう。保険料の回収はあきらめた方がいいと思います。

支払った保険料のほとんどを契約者に返すことになれば、保険会社は倒産します。保険の外交員の報酬や、契約の維持管理、そして保険会社の利益などを考えれば、支払った保険料を回収しようという発想自体、ありえないものと考えられます。

この仕組みは、まるで宝くじに似ています。

宝くじも、宝くじを売った金額に対して、当選金として宝くじを買った人に返す金額は、半分以下となっています。

つまり、すべての宝くじを一人の人が買った場合、その人の手元に帰ってくるのは、半分以下ということです。

宝くじは、買わなければ当たらないものですが、確率で考えれば負けることが確定されているということが言えるわけです。

医療保険も、加入していなければ保険金を受け取ることができませんが、確率で考えれば支払った金額が返ってくるということは、基本的にまずないということになります。

医療保険の保険金を受け取るときには、1回の入院で最大60日とか、生涯の入院で1,000日ちょっとという保険金の支払限度額があったりします。(がん保険にはないことが多い)

その場合、支払った保険料200万円を回収する場合には、日額1万円の場合、200日入院する必要があり(手術給付もあるので、一概には言えませんが)、1入院60日が限度なので入院理由も最低でも4回以上は必要ということになります。(同じ病気の入院で期間を開けて2回入院だと、1入院と見なされ、60日の限度の中に含まれたりすることがあります。)

今は、入院期間も短くなっている傾向があるので、60日間入院するということはあまりないかもしれません。

さらに言えば、60日も入院が必要な大病?を4回もやっていたら、それこそ体はどうなのかな?なんて思ったりもします。


やっぱり医療保険は必要ない?

これまでの話から想像すると、お金の面から考えれば、やっぱり入らない方がいいような気がしてきますが、人の心情的には、病気という不安を醸しだされると、やっぱり入っておこうかなと考えてしまうのもわかる気がします。

人は、リスクを考える時、確率よりも感情で物事を判断するという癖があるので、仕方のないことかもしれません。

だとしたら、お守りとして医療保険に加入するということもありなのかもしれません。全く入っていないよりは、小さなものでも、とりあえず入っていれば、ある程度満足できたりします。

そういった加入の仕方でいいと考えるならば、個人的には県民共済という選択肢が一番いい気がしてきます。

とにかく掛け金負担が、保障内容の割に民間の生命保険よりも割安です。

しかも死亡保障等も一緒についてくるので、民間の生命保険で死亡保障に加入しようとするときに、その分の保障額を少なくして加入することもできます。

(県民共済は最強?)

投資などによって資産形成を考える人ならば、感情で考えるのをやめ、確率を重視するという姿勢はとても大切なことです。(なかなか難しいことではありますが)

つまり、本気の投資家を目指すならば、病気などの不安に打ち勝ち、医療保険には加入しないことを選ぶことも必要なのかもしれません。

保険料の支払額が減った分、投資に回せる金額も増え、より早く資産を増やすことにつながるかもしれません。

0コメント

  • 1000 / 1000