20万円を突破したビットコイン、もしかしてバブル!?

ビットコインが盛り上がっています!?

仮想通貨法が施行されてから、ビックカメラなどの実店舗での決済が可能になったり、コインチェックでは、ビットコインの定期預入で利息が受け取れるサービスが始まったり、そしてついに、ビットコインの取引所として国内シェア1位のビットフライヤーが、地上波でテレビCMの放映を始めるそうです。

今までは、ビットコインというと一部のマニアックな人が取引していたイメージですが、徐々に一般にも普及し始めたのかな?と感じています。

それに伴ってか、ビットコインの価格も勢いよく上昇していて、現在では1BTCが20万円を超えています。

これは、バブルなのでしょうか?

よく言われるのは、素人が手を出し始めると、バブルの天井が近いという話ですが、今回はまだまだその段階ではないと思われます。

今の1BTC、20万円という価格にまで上昇した背景にも、日本人のビットコイン市場への参加者が増えたことにあるようです。

今までビットコインが取引されていた主な市場は中国でした。人民元への不安から外貨に替えたいと考えていた人が、中国当局の外貨への規制によって、行き場を失い、ビットコインに流れていたそうです。

しかし、今年の年初、中国で規制当局のビットコイン取引所への指導によって、中国での取引が減り、その代わりに台頭してきたのが、日本らしいです。

日本は世界に先駆けて仮想通貨に関する規制「仮想通貨法(改正資金決済法)」を施行しました。

これによって、仮想通貨の取引所に対して、様々な規制をかけ監視することになったため、仮想通貨取引所への安心感が出てきたという背景があるみたいです。

これを機会に、「仮想通貨と言えば日本」ぐらいの存在感を持つようになるといいですね。

できれば、「仮想通貨」という呼び方も変えることができるといいのですが。「仮想」なんて名前がついていると、あまり良いイメージはないですよね。持っていても、ふとしたきっかけで無くなってしまうのでは?なんてイメージになってしまう気がします。

この前も、「ビットコインって、通貨を仮想で定義したものでしょ」なんてことを言われました。

間違いだとも言い切れないので、返答に困りましたが、そもそも、円やドルといった法定通貨自体、仮想の物ですよね。ものの価値を、円やドルといった単位であらわしているだけです。

昔は、ドルは金と交換できることで、「ドルの価値=金」でしたが、今は金と交換できなくなっています。つまり「ドルの価値=ドルの価値?」言ってみれば、「米国の国力?」。

これこそ仮想なのでは?と思うのですが。

通貨というもの自体、第三者が価値を認めなければ成り立たない、仮想の価値ということです。逆に言えば、誰かがその価値を認めてくれれば、紙だろうが、金属だろうが、デジタルなデータであろうが、通貨としての価値を持つことになるわけです。

日本の仮想通貨取引所が、日本政府の監視のもと、不正をなくし健全な運営がされ、万が一の時にも顧客の資産が守られる仕組みができているとなれば、日本政府の信用力が仮想通貨にも影響して仮想通貨に価値を認めている人がいると言えるのかもしれません。

ビットコインの通貨としての価値が上がるのもわかる気がしてきます。

ただビットコインには、まだまだ不安定要素はたくさんあるので、注意は必要です。

例えば、一時期急落の原因となったハードフォークの問題も根本的解決には至っていないような感じがします。また似たような問題が持ち上がるかもわかりません。

それと、相変わらず変動が激しいです。以前よりも落ち着いてきた感はありますが、それでも急激に動くときは、とても激しい動きになります。まぁこの点は市場への参加者が増えることで徐々に落ち着いてくるのではないかなと思っていますが。

それと、日本でのビットコイン取引に関しては、今のビットコイン価格は世界よりも高値で取引されているようです。

理由として。

・日本は消費税がかかる。(7月から非課税になります。)

・日本国内に存在するビットコインが枯渇している。(消費税の影響により、日本の事業者は海外から仕入れができない。)

(株式会社bitFlyer 代表取締役 加納 裕三)

という話がありますが。

これに関しては、少し微妙な意見のような気がします。

物の値段が、消費税の影響で海外より高くなる?という説明は、世界の購買力からみた物価比較という考え方ではどうなのかなと。実際日本でも、物価の指数としてよく使われる「消費者物価指数」は消費税を含んだ数字が良く使われてますよね。

それと、国内のビットコインが枯渇しているから高値がついていると言っていますが、アービトラージの考え方からして、そうなること自体、割高になっていると考えられるのでは?

と個人的には思います。

結論としては、今はビットコインがブーム的な盛り上がりによって割高になっている可能性が高いと個人的には感じています。購入を検討するにしても、しばらく様子を見てからの方がいいのではないかと思っています。



0コメント

  • 1000 / 1000