不労所得とお金持ち?

お金持ちと言われている人たちは、不労所得を持っている人が多いように感じます。

お金持ちと不労所得の関係ってなんなんだろう?

「不労所得は幻想か?」で、お金の稼ぎ方のタイプについて触れましたが、そのタイプの中で、不労所得と言えるのは、B(business owner ビジネスオーナー)とI(investor 投資家)の稼ぎ方が当てはまっています。

思うに、E(employee 従業員)やS(self employee 自営業、起業)などの労働を必要とするタイプの稼ぎ方とBやIなどの労働を必要としないタイプの違いは、時間の使い方にあるような気がします。

EやSには、時間を売っているというところがあります。しかし、人も含めて生き物にとって時間は物理的な限界があります。

「時間の物理的な限界=稼げる金額の限界」ということになっているのかもしれません。

Eの稼ぎ方は、「時給いくら」で計算している世界です。働ける時間がお金を稼ぐ限界値なのはよくわかります。

しかし、Sは自分で仕事を選び単価の高い仕事をすれば、時間に縛られずたくさん稼げるのではないかと考えることもあるけれど。

でも、どうやらSにも働ける限界があるようです。

聞いた話によると、どんなに高付加価値な仕事をしても、年収3,000万円。ここがSの限界値らしいです。

ここを超えるようになると、体に限界を感じたり、一人では無理だからと言って人を雇ったり外注に頼んだりするようになるのですが、その分経費が掛かり、結局手取りは3,000万円ぐらいに落ち着いてくるそうです。

その限界値を超えるために必要なことが、SからBの世界に行くことだそうです。

つまり、自ら働かなくても自動的に収益を上げてくれるシステムを作り上げることと、そのシステムを大きく育てていく努力をする方向へ稼ぎ方を変えていくということのようです。

EやSには、お金の稼ぎ方に物理的な限界があるわけですね。

逆に、BやIのような時間に縛られないお金の稼ぎ方には、限界がないということなのかもしれません。

例えば、Iが年収3,000万円を稼ごうと考えた場合。

総資産3億円で、その資産が年利10%のリターンを生み出してくれたら、Sの限界値年収3,000万円に到達することになります。

しかし、Iの稼ぎ方は、時間に余裕があるので、その時間でほかの仕事(EやS)をしたりすることなんかもできちゃいます。

そうなると、Sの限界値を超えることは難しいことではないってことになります。

さらに、年収3,000万円でも、そのお金を一年で全部使ってしまうなんてことはないでしょうから、残ったお金は、再投資に回ることになると思われます。

そんな感じで数年たつと、総資産が3億円から5億円になっていたりします。

Iの稼ぎ方で面白いところは、資産3億円で3,000万円稼ぐのも、資産5億円で5,000万円稼ぐのも、やっていることはほとんど同じという点です。

つまり極端に言えば、Iは資産さえあれば、おなじことを繰り返すだけでいくらでも稼ぐことができる、稼げる金額に限界がないといえるのです。

Iの収入に直結することは、総資産額です。総資産額さえたくさんあれば、1億だろうが2億だろうが、たった一人で稼ぎ出すことができてしまうということです。

著名な投資家たちが、年間数百億円のお金を稼いでいるなんて話を聞くこともありますが、不可能なことではないのだろうなと思えてきます。

つまり、お金持ちが不労所得を持っているのは、稼げる金額に限界がないお金の稼ぎ方を持つ必要があると考えているからなのかもしれません。

それか、不労所得で稼ぐ方法をしっているから、一人でいくらでも稼ぎ出せるためにお金持ちになったのかもしれません。

どちらにしても、お金持ちと不労所得には、密接な関係があるような気がしてきます。

田仲幹生

投資会社、FP会社 ㈱あせっとびるだーず 代表取締役

投資、資産運用のスクールを運営。
資産運用、ファイナンシャルプランニングの相談などを行う独立系のファイナンシャルプランナー。

0コメント

  • 1000 / 1000