『普通の会社員でもできる日本版FIRE超入門(山崎 俊輔)』

実にファイナンシャルプランナーらしい本。

本書の印象を一言でいえば、「いかにもファイナンシャルプランナーらしい本」。

ファイナンシャルプランナーが書く本の傾向といえば、「もっともらしい知識はいろいろ披露されているけれど、本を書いているファイナンシャルプランナー自身が実際に行動してきたことではないためか、なんとなく現実感がない。」といった印象を持っています。

本書を読んで感じるところは、まさにそんなところです。

だから、この本はファイナンシャルプランナーが書いた本らしい本という印象になっているのかもしれない。

日本版FIREなんて言うのなら、日本で本当にFIREを達成したファイナンシャルプランナーや、実際にFIRE達成者を何人も支援してきたファイナンシャルプランナーが書いた本のほうが、よほど現実感があるのではと思ってしまいます。(あればの話ですが)


本書を読もうと思った上で気になっていたのは、社会保険とFIREをどう組み合わせるのだろうということでした。

日本版というところの大きな部分は、やはり日本の公的福祉制度とどう絡めるのかというところなのではと思ったわけです。


FIREを目指さなくても、FIREを考えることは、ファイナンシャル・プランニングの総合問題になる?

はっきり言って、「本気でFIREを目指す」ということが前提の場合には、本書が果たす役割はあまりないのかもしれないと感じています。

しかし、読み方を変えれば良い教材にもなるのかもしれない。

別にFIREを目指さなくたって、生涯のファイナンシャル・プランニングについて考えるときに、FIREすることを考えてみるというのは、一つのいい題材となっている気がしました。


FIREをするためには、一生涯で必要になるお金について考えることになる。

これから手にする可能性のある収入について考える。

お金の賢い使い分け、支出の用途、節約や生活の仕方、人生設計。

住宅や教育など、とくに人生の中で大きな割合を占めるコストをどう考えるか。

生命保険などの、万が一にかかるコストの考え方。

年金や医療、社会保障のこと。

まさに、ファイナンシャルプランナーが勉強していることが、網羅されている内容です。

さらに言えば、その網羅された内容を、別々に考えるのではなく、一人の人生に置き換えて考える。

まさに、ファイナンシャルプランナーにとっての総合問題そのものです。

そうやってこの本を読むと、FIRE抜きにして面白いと思えるところが出てくるかもしれません。


FIRE達成には、しょせん運がものをいうと思う。

一般的な人が、一般的な生活をしながら、平均的な運用でFIREを達成しようとしたって、本書の内容が限界。(それでも結構キツイ印象でした。)

はっきり言って、FIREは現実的なものとはならない。


個人的に思うFIRE達成の条件。

一つは本書にもあるように、収入を増やし、生活コストを抑え、とにかく沢山の貯金をすること。

これには、住んでいる地域、生活環境、仕事、家庭、いろんな問題があるものです。選択できるものもあるけれど、運によって変わるところも大きい。

もう一つが、とにかく高利回りで運用すること。可能なら年利回り10%以上を目指すべき。

ただしその場合には、当然のことですが、平均値を超える運用を求めることになり、かなり高リスクな投資になる(失敗してFIREどころではなくなることもある。)。

はっきり言えば、そうそう達成できるものではないということ。それこそ『運』がものを言います。


FIREというのは、最終的に『運』を手にしたものしか手に入れることのできないもの、なのかもしれない。

考えてみれば、平均的な生活環境の人が、だれでもFIREを手にすることができるような世の中なのであれば、みんな無理に働かなくなってしまうかもしれない。

仕事をしない人が増えれば、社会全体の所得が増えることはない。経済や社会にとって、決していいことではない。

日本国憲法第二十七条一項、「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う」。いわゆる『勤労の義務』。

働くことが社会にとって必要なものなのであれば、働かなくていいことが当然のようになるということのほうが考えづらい。

つまり、働かなくていいというFIREを手にできる人というのは、結果を見れば一握りの人ということになる。「普通と呼ばれる人よりも、『運』の良かった人」がFIREを手にする。

「そういうリスクをとってでも、FIREを目指しますか?」という意志がなければ、目指すべきものではないのかもしれないと思っています。

FIREについて本当の話を語るには、誰にでも通用するようにアドバイスを行っている多くのファイナンシャルプランナーには、ちょっと荷が重いことなのかもしれません。


0コメント

  • 1000 / 1000