インデックスファンドは最適の投資先です。しかし、一投資家としてはアクティブも必要なのかも?

資産運用を勉強をしている人ならば、インデックスファンドのことは知っているかと思います。

そして、ファンドマネージャーが銘柄選択や売買タイミングなどを考えて運用するアクティブ運用よりも、インデックスファンドをつかったパッシブ運用の方が良い運用ができるという話も聞いたことがあるかもしれません。

確かにその通りなのですが、中には、インデックスファンドにも問題があると指摘する声もあるんです。

インデックスファンドで運用する理由は?

インデックスファンドは、ほとんどのアクティブファンドを超えるパフォーマンスを上げています。

アクティブファンドには、運用の意思決定の非効率、インデックスファンドよりも高い運用コスト、運用資産規模の拡大によって分散投資が広がり、結局インデックスに近くなるという規模の問題、などいろんな問題があると言われています。

意思決定の非効率とはなにか?というと、アクティブファンドの運用には、複数の人の意見を取り入れながら運用することになるのですが、それによって、個人の持つ先見性や洞察力を発揮することが難しいこともあり、投資の判断と決断のスピードが落ち、結局は、誰もがいいと考える無難な運用に落ち着くことになってしまうことがあるということです。

また、アクティブファンドのコストが高くなる理由には、運用のプロを雇う必要があることや、銘柄の調査などの経費、売買回数が増える、といったことによって、どうしてもインデックスファンドよりもコストがかかることになってしまうことがあります。

それと、運用資産の規模が大きくなることで、小型株や特定の銘柄に集中して投資をすることが難しくなり、時価総額が大きな大型株に頼らざるを得なくなったり、必要以上に分散投資をする必要がでてくることがあったりすることで、結局インデックスファンドと似たようなポートフォリオになってしまい、運用成績もインデックスファンドと変わらなくなってしまうと言われています。

アクティブファンドには、このような問題があるため、インデックスファンドを超えられなくなってしまうと言われているわけです。

さらに、効率的市場仮説を強く信じる者にとっては、銘柄選択や売買のタイミングなどで市場平均を超えることは不可能だとも考えています。

中には、ウォーレン・バフェットのような市場平均をはるかに凌ぐ成績で運用している大物投資家もいるが、それは確率による偶然の産物だとさえ言っています。

インデックスファンドの問題点?

インデックスファンドで運用するという考え方の根本には、パッシブ運用という投資の発想があります。

パッシブ運用とは、特定の銘柄などで儲けようとするのではなく、市場全体の平均値に合わせた運用を目指すことを指し、具体的には市場全体の株価を時価総額に合わせて購入しようとすることなどが挙げられます。

インデックスファンドという名前についてるインデックスとは、市場全体の動向を測るための指標のことですので、インデックスと同じ動きをするように運用をすることが出来れば、それはすなわち市場平均ということですから、『インデックスファンド=パッシブ運用』となるわけです。

しかし、株式市場全体の中には、長期間増収増益を続けているような会社もあれば、赤字続きの会社もあったりします。

インデックスファンドで市場全体に投資することとは、長年業績が芳しくないような企業にも一律に投資をしていることになってしまいます。

効率的市場仮説論者は、そういう問題のある会社でも、改善されて株価が急騰する場面もあるから、それを理由に投資対象から省く必要はないと説明しています。

しかし、株式投資の本来の役割として、いい企業を伸ばす、そして市場に新陳代謝の効果を与えることも、株主の役割ではないかと思うのです。

事件を隠ぺいしたり、粉飾決算をしたり、不祥事を起こした後に逃げたり隠れたりするような企業の株式を購入して、株価を釣り上げてることが果たして株主として正しい行為といえるのだろうかとも思うわけです。

インデックスファンドは、正しい運用の選択肢だと思います。

しかし、自分が一株主であるという自覚を持つのであれば、そういったことも考えておく必要があるのではないかと思っています。

インデックスファンドで市場が歪む?

市場は、常に適正な価格になっていることが理想です。

いい銘柄は高い値段が付き、良くない銘柄は低い値段が付く、そういったことが適正に行われるのが、株式市場の役割なのだと思います。

しかし、市場参加者のほとんどがインデックスファンドで売買するようになると、先ほどの例のように良い銘柄も悪い銘柄も関係なく一色単に売買されることになってしまいます。

もし、このような状態になってしまったら、市場が正しく機能していると言えるのでしょうか?

インデックスファンドで運用することは、確かに有効な投資法です。

あのウォーレン・バフェットもインデックスファンドで運用することを推奨しています。

しかし、市場参加者の全員がインデックスファンドに投資するようになると、株価が適正な価格付けを行う市場の機能がなくなってしまう。

つまり、インデックスファンドが有効に機能するためには、アクティブに売買する人たちの存在が欠かせないというわけです。

アクティブに売買する人たちが多い市場だからこそ、インデックスファンドの力が発揮できるわけです。

インデックスファンドで運用することは正しい選択だが、インデックスファンドが本来の力を発揮するためには、アクティブな投資家がいないといけないとは、なんとも言えない話ですね。

案外、金融の世界って、こういったちょっとした矛盾のようなことが、結構あるんですよね。

FPたなか/㈱あせっとびるだーず


『お金のいろはファイナンシャル・プランニング』という独立系FP事務所で資産運用プラン策定の相談を行っています。

https://fpoffice.okane-iroha.com/

㈱あせっとびるだーず 
 代表取締役 田仲幹生 です。
【保有資格】
 CFP
 1級FP技能士
 宅建士

生命保険会社に勤め、その後税理士事務所に勤務すると同時期に、投資信託や株式投資を始めたが、2年後リーマンショックという株価大暴落に巻き込まれ、総資産の半分近くを失いました。
しかし、その後もめげずに投資と勉強を続け

0コメント

  • 1000 / 1000