『幸せとお金の経済学(ロバート・H・フランク)』

幸せはお金では買えない?

本書は、幸せになるためのお金の使い方というノウハウ的な話ではなく、幸せとお金の関係について考えた『経済学』の本です。

『収入が増えない時代のコスパ最強の金銭感覚』という帯タイトルが、なんとなく賢いお金の使い方について書いているような気がしてしまいますが、読むとそうではありません。

幸せとお金についてを学問として考えた経済学の内容です。


本書を読むと、「幸せはお金で買える」という話も耳にするものですが、どうやらそういうことではないということが一つの科学として、わかってくるような感じを受けます。

私達は、今の自分を幸せだと感じているとは限りません。むしろ幸せだと思っていない人も少なくありません。特に、中流階級以下の人に幸せだと思っていない人が多くなる傾向がある。

そのため、「お金がない」「収入が少ない」ということが、幸せだと思えない原因になっていると考えているように見えます。


「給料が増えない」。今の時代、そういう話はよく耳にする。

給料が増えないから、幸せになれない。

年収が増えている高所得者が羨ましい。

しかし、よくよく考えれば、今の私達は本当に幸せではないのだろうか?

今から50年ぐらい前まで遡れば、今の私達の生活は幸せと言ってもおかしくない生活をしているのではないだろうか?

家は、空調システムが効いていて、過ごしやすい温度で生活することができる。

車だってエアコン、パワーウィンドウ、当たり前のようについている。

道路や交通システムも整っていて、移動も楽。

当時の人にとっては、とっても贅沢なものをたくさん手に入れている。生活レベルでいえば、当時の人よりも遥かに幸せな生活を送っている。

それなのに、自分のことを幸せだと思っていない。

その理由が、幸せとお金の経済学の一番のポイント『コンテクスト』。

言ってみれば、他者との比較から来ているのだと言うのが本書の主張になっています。


考えてみれは、今は情報がとても安く、しかも大量に手に入りやすい。

その結果、他者との比較が容易になり、自分よりも豊かな生活をしている人の話も目にしやすくなった。SNSなどもその最たる例なのかもしれない。

その結果、より自分より収入が高い人の生活を意識することで、幸せを感じにくくなってしまっているのかもしれない。


格差が生み出す、経済的な問題。

誰もが、なんとなくだけど『格差社会は良くない』と思っている。

でも、「格差社会がなぜ問題なのか説明しなさい」と言われても、うまく答えられる人はほとんどいないと思われます。

本書は、まさにその答えの一つを論理的かつ直感的に説明してくれています。

直感的に理解ができる話なので、わかりやすくて、結果的にこの本はとても読みやすくなっている。


著者いわく、高所得者が高額な商品を買うと、その支出に合わせるように中間所得層が支出を増やし、さらにその下の階層でも同じことが起こるようになる。

その結果、所得に占める支出の割合が高所得者よりも、中間所得層以下の支出のほうが大きくなるようになってしまっている。

しかも、今の時代は、中間所得層以下の所得が増えにくくなっているが、高所得者層はどんどん所得が増え、支出も増やしている。

収入が増えないのに、高所得者に合わせるように支出が増えているから、中間所得層以下にとっては、生活がギスギスすることになり、幸せを感じにくくなってしまっている。

格差が広がれば広がるほど、その傾向は増していき、より幸せを感じにくい社会になっていくというわけです。

言われてみれば、なるほどなと思うような話です。しかし、言われてみるまで気づかなかった。

そもそも『今の経済学』というものが、人が他者との比較で世界を見ているということを前提に考えてはいないようで、その『経済学』を元に社会が、政治や経済が動いているわけだから、幸せを感じる人が少なくなっていくことも仕方がないことなのかもしれません。


結局、私達は、私達が幸せを感じにくい社会になっていくことに対して、どう対応したら良いのかということは、私達個人レベルでできることはないのかもしれません。

無駄な情報を遮断し、みんな同じような所得で生活しているところに移り住むことが、一番の方法なのかもしれない。

理想を言えば、その場所でちょっと頭一つ抜きに出るぐらいになると、もっとも幸せを感じることができるのかもしれない。

本書では、税制の見直しなどで、より幸せを感じる社会にするための提案などが書かれていましたが、それもどこまで効果があるかは、やってみないとわからないところでしょう。

結局、経済とは、私達の心なのかもしれない。人の心である以上、とても不安定で不確実で、結果の読めないものであるような気がします。


本書を読んだ感想としては、とてもおもしろい内容だったと感じています。

「どうするか」は、はっきりしないにしても、知識として面白い着眼点を与えてくれたと感じています。結論から言えば、読んでよかったと思いました。


0コメント

  • 1000 / 1000