空売りができればリスクが減る気がするけど、空売りって難しいの?

結論から言えば、空売りはなかなか難しい取引です。

空売りは、買いと違って長期投資に向いていません。ポジションをもってそのままにしておくことは不利になることが多いのです。

そのため、下落相場を正確に読むことが重要になってくるのですが、これがそう簡単にできることではありません。

空売りは、株価下落のリスクヘッジのために使われることもありますが、それもやってみるとなかなかできないことを思い知らされたりします。

カラ売りって?

通常、株式投資というと株式を買う行為のことを言うのですが、逆に株式を売りから入る方法のことを『カラ売り』と言います。

何も持っていないのに売る、から『空売り』ってわけですね。

ただ普通に考えると、何も持っていない状態で物を売るというのは、どう考えても不可能です。

商品がないのに売るなんてこと、まるで詐欺みたいですよね。

なので、詐欺にならないように、株式を借りて売るという形を取ります。

そして、貸してくれた人には、期間が来たら買い戻して返す

という事をしています。

空売りをする方は、借りた時の株価と返した時の株価の差が利益になります。

例えば、200万円の株式を借りて、200万円で他者に売り。

株式を貸してくれた人には、返すときの時価で返すのですが、その時の時価が150万円だったとすると。

200万円で売って、150万円で買い戻しているわけですから、その差額50万円が空売りした人の儲けというわけです。

ただ、株式を借りるにしても、貸す方も無料で貸してくれるわけではなく、貸株料として金利を支払って借りることになります。

それが空売りする人の負担になります。

株式の空売りをするには、株式の売買手数料の他に、貸株金利もというコストもかかり、とてもコストが高い取引になることが多いのです。

これが、空売りを難しくしている理由の一つになっています。

なぜ空売りは難しい?

株式相場は、下落する期間よりも、上昇している期間の方が多い傾向があります。

ゆっくり上がって、がくんと下がるを繰り返しています。

空売りでうまく利益を出すためには、その期間の短い下落相場をとらえると効果的なのですが、上昇している期間の方が長いという事は、確率的に考えても、売りで利益を出そうとするよりも、買いで利益を出そうとするほうのが、うまくいく可能性が高いことになりますよね。

また、空売りは、買いで入るよりも貸株料などが発生することでコストが大きくなるというデメリットもあり、それも空売りの難しさになっています。

金融取引でコストを最小化することは、そのままリターンにつながることになるというのは、有名な話です。

他にも、人は株式は買うものという意識が強いので、一般的に買うことの方が取り組みやすく、空売りするというのは、ある意味本能に反する行為とも言えます。

そのため、空売りは私たちの自然な認知としても難しいところがあり、なかなか使いこなせないのではないかと思っています。

「株式=上がるもの」と思いこんでいる中で、下がる様子を想像するのは、なかなかできないというわけですね。

空売りで利益を出すためには?

空売りで利益を出すためには、先ほども言った通り、下落相場をうまくとらえる必要があるわけですが、それがなかなか簡単なことではありません。

相場の下落は、いつ起こるかわからない上に、比較的短期で終わってしまうことが多いため捉えることが難しいのです。

そのため、「下落相場を待って空売りをしていても、なかなか下落相場が来ない。」という事が当たり前のように起こります。

そうこうして待っている間に、コツコツと貸株金利の支払いが貯まっていく、つまり取引のコストによる損失が膨らんでいくことになります。

空売りは、空売りする取引コストによって上手くいかないというわけです。

ならば、「下落相場が来たら空売りを仕掛けよう。」と考えたりするわけですが。

今度は、どのタイミングが空売りすべきタイミングかがわかりにくい問題に悩まされます。

相場には、「だまし」と呼ばれる動きがあり、下落相場が来たと思っても、下落相場ではなかったということが頻繁に起こります。

つまり、下落相場入りのタイミングはわかるようで、全然わからないものなのです。

下落突入のタイミングがとれないのであれば、もう少し待って、下落相場入りを確実に確認してから空売りしようと考えるかもしれません。

しかし、下落相場というのは、大概、急下降で一時的なもので終わることが多いです。

そのため、タイミングを計っている間に、下落相場が終わってしまい。

気が付いたときには、「こんなに下がってしまった!」となってしまうことが多いものです。

そうならないようにと、チャートで分析したり、相場の勢いを調べたりということをやっては見るのですが、それが中々うまくいかないということがほとんどです。

空売りで利益を出すというのは、非常に難しいことだと考えた方が間違いないと思われます。

空売りはするべきではない?

本来、株式市場というのは企業が利益を出し続ける限り上昇するはずのものだという考えで行けば、空売りをする必要はないことになります。

しかし、日経平均の超長期チャートを見ると、いまだに1989年の過去最高値に届いていない状態です。さらに言えば、2008年にバブル崩壊後の最安値を付けています。

つまり、超長期チャートでみると、つい最近まで下落し続けていたようにも見え、もしかするとまだに下落相場にある可能性も捨てきれません。

そうなると、うまく空売りを利用できる人と、まったく利用できない人とでは、運用成績に大きく差が生まれる可能性が考えられます。

ということは、少なくとも国内の株式市場では空売りはうまく使えた方がいいと考えることもできるということです。

しかし、空売りというのは先に書いた通り、なかなかに難しい取引です。

今からでも勉強し、練習して身につけていくことも不可能ではないかもしれませんが、かなり高い確率で失敗することの方が多いのではないかと思っています。

結論から言えば、空売りで儲けようとしない方がいいのではないかと思います。

空売りの使い方。

空売りは、空売り自体で利益を出そうとするよりも、他の取引と組み合わせて行われることが多いです。

例えば、株主優待狙いで、優待を受け取る権利付き最終日に、「現物買い」と同時に「空売り」をして、株価の価格変動を相殺し、優待だけを受け取るという方法が良く言われています。

私は、この取引をやったことはないのですが、貸株金利などの発生が考えられるため、優待の価値と貸株料とを比較して取引する必要があると思われます。

また、現物買いのみならば配当金を受け取れるわけですが、同時に売りをやってしまうと、配当金の支払い(配当調整金)も出てきて、配当金は相殺されることになります。

そこまでして、この手間のかかる取引をするかどうかは人それぞれの考え方によるのかなと思います。

他には、ヘッジファンドなどが行っているロングショートという戦略を行うためという理由も考えられます。

ロングとは「買い」、ショートとは「売り」のことを指します。

よく使われる方法は、割安の株をロングし、割高の株をショートするという方法です。

また、空売りとは違いますが、現物の株を買い、先物取引などで株価指数の売りを建て、マーケットリスク(市場のリスク)を取らないという方法もあります。

株式投資には、株式銘柄ごとの固有リスクとマーケット全体の市場リスクの2つのリスクが含まれていると言われています。

株式の固有銘柄の買いと、市場全体(インデックス)の売りで、株式銘柄固有のリスクのみにするという方法です。

もし、その銘柄が市場よりも常に好成績を出し続けられるような銘柄だとしたら、常に安定した利益をもたらしてくれる可能性が高い戦略です。

そして、一番空売りを使うといいと思われる方法が。

下落相場への保険、保証としての機能です。

ある程度、買った時から株価が上昇し、目先に下落相場が来るかもしれないという不安があるときに、下がったときの保険として「空売り」でポジションを持つという方法です。

仮に、相場が上昇しても、現物で持っている株が上昇することになるので、空売りで損失がでても、資産はある程度守られることになります。

ただ、このような取引をする場合には、「空売り」ではなく、「プットオプション」や、先ほどのように先物や株価指数証拠金取引を使って行った方が、効率的かもしれません。

FPたなか/㈱あせっとびるだーず


『お金のいろはファイナンシャル・プランニング』という独立系FP事務所で資産運用プラン策定の相談を行っています。

https://fpoffice.okane-iroha.com/

㈱あせっとびるだーず 
 代表取締役 田仲幹生 です。
【保有資格】
 CFP
 1級FP技能士
 宅建士

生命保険会社に勤め、その後税理士事務所に勤務すると同時期に、投資信託や株式投資を始めたが、2年後リーマンショックという株価大暴落に巻き込まれ、総資産の半分近くを失いました。
しかし、その後もめげずに投資と勉強を続け

2コメント

  • 1000 / 1000

  • @rinnekoneko空売りすることのメリットもあると思いますが、なんとも難しい上にコストが高くなりやすいというのが問題ですよね。
  • rinnekoneko

    2017.03.31 10:54

    「空売は、しないほうがいい。」の記載がありましたが、私も同意見です。 証券会社は、信用買をしてほしいから、そう言いませんから。