『最も賢い億万長者〈下〉数学者シモンズはいかにしてマーケットを解読したか(グレゴリー・ザッカーマン)』

世界最高のヘッジファンドのその後

この本は、数学者ジェームズ・シモンズが始めたヘッジファンド、ルネサンステクノロジーズの物語、上下巻の下巻です。

上巻は、ジェームズ・シモンズという人の物語が中心という印象でしたが、下巻はジェームズ・シモンズよりも、ジェームズ・シモンズが創業したルネサステクノロジーズの物語といった印象です。


下巻を読むと、ジェームズ・シモンズがすごかったというよりも、ジェームズ・シモンズが作ったチーム。つまりは、ルネサステクノロジーズの力がすごかったのかもしれないと感じさせられます。

この下巻では、上巻以上にルネサステクノロジーズのメンバーが表に出てきます。

ジェームズ・シモンズがルネサステクノロジーズの主役から降りたあとも、シモンズの後を継ぐメンバーがどのようにファンドを運営し、活躍してきたのかがわかります。

ルネサステクノロジーズのメンバーが米国の大統領選など政治の舞台でも重要な役割を果たすようになってきて、その存在感の大きさを感じさせられます。


ルネサステクノロジーズの投資哲学とは?

この本でルネサステクノロジーズの話をたどりながらも、ジェームズ・シモンズが始めたヘッジファンドの中心にある考え方や、ルネサステクノロジーズの投資の考え方などが感じられるようになっています。


ルネサステクノロジーズの運用は、クオンツと呼ばれる、統計や数学を駆使した投資手法を使っています。

膨大なデータを集め、そのデータを解析し、さらにその中から法則性を見つけ出し、確率をもとに投資をするというスタイルです。

そこまでは誰でも知っている範囲の話ではあると思いますが、それ以上にその根幹にある考え方や着目点を知ることができることが、本書の目的だと思います。


ルネサステクノロジーズの根幹にある投資の考え方には、「市場は非効率的である」ということがありました。

多くの金融理論などでは「市場は効率的である」ということが前提となっています。そのため、効率的市場仮説という仮説をもとに運用方針を考えたりしているものです。

よく聞くインデックスファンドなどはその考え方の象徴的なものと言えます。


市場が非効率的であると考える理由には、市場に参加する人そのものが合理的ではないことが原因になっている。

だから、市場のどこかに人の非合理的な癖のようなものが見つかる。それを利用して投資を行うというスタイルが、ルネサステクノロジーズの運用方針となっているようです。

言われてみれば当たり前のようにも思える考え方です。ですが、それを実現することは、とてもむずかしい。一個人ではやろうと思っても、不可能に近いことだと思います。

だから、結局理論としては効率的市場仮説に逃げて、インデックスファンドなどに行ってしまう。

でも、市場が非効率的だと考えているルネサステクノロジーズなどの活躍を見ると、いくら現実的な考え方だとはいえ、極端に効率的市場仮説の考え方に固執するのは、危険だということを改で思わされる次第です。

少なくとも、「非効率的なこともある」という認識は持つべきなのでしょう。


最後に「財産を築くだけでなく、その財産で何をするか」というところ、まさにそれが大事なんだろうなと感じました。

シモンズは、その膨大な財産で、慈善事業に取り組んでいる。

そこでもやはり、金融市場に立ち向かったときと同じように、大きな難題と向き合っている。

ただお金を稼ぐことが目的ではなく、新しい問題を見つけては、それを解明するためにまた稼いだお金を使っていく。

シモンズは、問題を見つけては答えを探すことが好きな、根っからの数学者なのかもしれないと感じました。


0コメント

  • 1000 / 1000