新しい投資の形、SBI証券でセキュリティー・トークン(ST)の取り扱いが始まる⁉

セキュリティー・トークン(ST)ってなんだ?

これまた新しいもの好きを刺激するものが登場してきました。

セキュリティー・トークン(ST)。ネット証券最大手のSBI証券が取り扱いを始めたという事で、なんとも気になる存在です。


セキュリティー・トークンとは、ビットコインなどで利用されているブロックチェーンの技術を使った有価証券、つまりデジタル有価証券なのだそうです。

ブロックチェーン技術をつかった通貨として登場したビットコインは、取引の都度その記録が残る仕組みになっていて、改ざんなど不正ができないようになっています。

「不正ができない?でもコインチェックという業者で問題が起こったのでは?」

確かに、ビットコインなど暗号資産をめぐる事件が一時期いろんなところで起きました。しかし、この問題は、ブロックチェーン技術に問題があったというよりも、コインチェックなど業者側の管理の問題でした。


ブロックチェーン技術自体の有用性はまだ残っていて、この技術を利用して不動産登記などにも応用しようという話もありました。

不動産登記に応用しようと考えられるということは、有価証券にも応用できる。というわけです。

そこで登場したのが、セキュリティー・トークン(ST)という新しい投資の形というわけです。


セキュリティー・トークンをつかった資金調達

セキュリティー・トークンを使った資金調達、それがSTO(セキュリティートークンオファリング)。

今回SBI証券が始めたのは、このSTO取引です。

STを発行して投資家に買ってもらい資金を調達する。つまり、今の株式や債券と考え方は一緒なわけです。

株式だったら株券、債券だった債券という券面が昔はありましたが、今ではほふり(証券保管振替機構)で一括管理になっています。そして、紙媒体の券面の発行も不要になり、今では株式や債券を保有しても手元にはなにもありません。


STとは、今ほふりが管理しているものをブロックチェーン技術で管理しようというものといえます。

ブロックチェーン技術をつかって管理にすることで、今まで一極集中だった有価証券の管理を分散型という新しい管理にかわる。もしかすると時代は、そっちの流れにあるのかもしれません。


ST投資って?

結局、投資家にとってのST投資は、今までの株式投資や債券投資とそれほど大きく変わるものではないということになりそうです。

ビットコインのようにそのもの自体が値上がりするという類のものではなく、STの後ろには、現物資産や実際の資産として価値の裏付けが存在し、その価値を元に取引されるというものになりそうです。

バブルとなれば、STというだけで買われることもあるかもしれませんが、基本的には「株式を買うなら、企業を見ろ」みたいなものになると思われます。


なんにせよ、ST投資には新しい時代を感じさせるものがあると感じています。

今後の需要次第になるかもしれませんが、成長していく可能性は十分にあるのではないでしょうか?

願わくば、ソーシャルレンディングのような、お金があつまったところで突然消えるみたいな問題をおこさず、健全に運営されてほしいなと思うところです。


【投資・資産運用の相談と講座】

金融商品を売らない! 独立系の投資会社兼ファイナンシャルプランナー会社 ㈱あせっとびるだーず ではじめるお金の勉強。

0コメント

  • 1000 / 1000