株式投資の配当金で不労所得と言われても、あまり現実味ないのですが?

投資で得られる収入には、配当や利息などの現金収入があるインカムゲインと売却益などの売って初めて収益となるキャピタルゲインの2つがあります。

年金としての機能や生活費としてに使える収入という目的で考えた場合、キャピタルゲインが狙える投資先よりも、インカムゲインを狙える投資をしたいと考えます。

株式投資にもインカムゲインとして配当金がありますが、配当利回りは、あまり高くないため、株式投資の主な目的はキャピタルゲインとなり、インカムゲイン向きの投資とはあまり考えられていません。

しかし、案外長期的視野で考える使えるものかもしれません。

株式の配当利回りは小さい?

日経平均225の配当金利回りの長期的な推移をみると、だいたい年1%~2%ぐらいで推移しています。

稀に、年2%以上の配当利回りとなることもあって、たとえば、リーマンショック直後の2008年から2009年ごろでは、一時期年2.7%ぐらいになったこともありました。

そのような例外は除いても、ほとんどの期間で、年1%~1.5%程度というのが、日経平均株価のおおよその配当利回りという感じになっています。

預金金利などと比較すると、高利回りのような気もしますが、所詮1%程度の収益では、インカムゲインととしては心もとない感じがします。

100万円投資して、年に1万円程度では、たいしたお小遣いにもなりませんよね。

仮に、月20万円、年間にすると240万円の収入が欲しいと考えた場合には

 〔240万円 ÷ 1.5% = 16,000万円〕

つまり、株式投資の配当金で年間240万円を得られるようにするには、1億6千万円の投資資金が目安ということです。

これは、なかなか実現が難しそうな金額です。

長い目で見れば、株価の上昇とともに配当金は増えていくことがポイント?

今あるお金の範囲で株式投資を行って、生活費の足しにするような配当収入を得ようとすることは、かなり難しい話でしょうね。

インカムゲインを狙った投資であれば、株式投資よりも高いインカムゲインが狙えるREITや債券投資を中心にしたほうのが現実的だと思われることでしょう。

しかし、株式投資にはREITや債券よりも優位な一面があることを忘れてはいけません。

それは、資産価格が大きく上昇することが期待できるという、いわゆるキャピタルゲインにあたる部分です。

「なぜ、インカムゲインの話でキャピタルゲインの話が関係するの?」と思うかもしれません。

例えば、日経平均225に連動するETFを100万円で購入して、配当利回りが年1.5%だったとします。

すると、このETFへの投資で受け取れる分配金は、

 〔100万円 × 1.5% = 15,000円〕

そして、10年後、このETFの株価が2倍に上昇し、投資したお金は200万円に上昇していたとします。

しかし、配当利回りの水準は大きく変わることがなく、今も年1.5%だったとしたらどうなるでしょうか?

 〔200万円 × 1.5% = 30,000円〕

ということになります。

つまり、株式投資の場合、資産価格の上昇とともに、受け取れる配当金の金額も増えていくことが期待できるわけです。

債券投資の場合は、元本の価格は基本的に変わりません。

投資した額に対して利息を受け取るだけなので、『利息の再投資』をしなければ資産全体の総額が変わることもなく、受け取る利息もずっと一緒ということになります。

(実際は利率が変動してるので、いつまでも一緒ということにはなりませんが)

REITも考え方としては債券投資と同様です。

REITは株式のように価格が大きく変動しているところがあるので、株式と同じように資産価格の上昇によって配当も増加する仕組みがあるのでは?と思ってしまいますが。

REIT自体が生み出す利益は、利益の90%超を分配することで法人税の課税を回避する仕組みになっているので、現実の仕組み上は株式投資よりも債券に近いと考えます。

どういうことかというと、企業に投資をする株式投資の場合、企業が得た利益は、配当金として分配する以外にも、企業が自身の事業をより大きくしていくために、様々なところに投資を行っています。

そうして、どんどん企業の規模や価値が上昇し、企業の利益も増えていき、配当金の支払い総額も増やしていくという経済活動が行われているわけです。

しかし、REITでは、利益のほとんどを分配金として支払ってしまうため、事業拡大の再投資には使えません。

つまり、REIT自体の資産成長は株式ほどには望めないため、ただ持っているだけで分配金が増加するという期待は、株式ほどには望めないというわけです。

(不動産価格の上昇や、家賃収入の増加などによる分配金の増加は考えられます。)

これが、債券やREITの分配金と株式の配当金の大きな違いです。

つまり、株式投資というのは、長い期間をかけて投資を続けていけば、それとともに配当金というインカムゲインも増えていくことが期待できるため、今インカムゲインを狙うのには向いてはいなくても、将来的にインカムゲインを得たいという狙いからすると、株式投資は向いているのではないかと思うのです。

これからまだまだ数十年という期間で投資をしていく時間のある人は、目先のインカムゲインに惑わされることなく、株式投資を主とした投資戦略を考えることは、十分に有益なものになると考えています。

0コメント

  • 1000 / 1000