少額投資の裾のが広がる?マネックス証券で単元未満株の取引手数料が無料に⁉

ワン株の買付手数料が無料になる!

株式の購入は、通常単元株(100株)で購入することになります。

つまり、株価1,000円の株式は、10万円で購入する必要があるわけです。

一銘柄で数十万円もしたら、分散投資なんてできません。

だから多くの個人投資家は、リスクを抑えるために、株式投資を個別銘柄ではなく、すでにパッケージング化されて売られている投資信託を利用しようと考えるわけです。


しかし、実は証券会社によっては、単元未満からの株式購入ができるところもある。

その一つが、マネックス証券です。

単元未満株、つまり1株から株式が購入できるわけだから、数千円から、中には数百円で株主になることもできるので、とても魅力的なサービスになっています。


ただ、単元未満株での株式購入は、単元株での株式購入に比べて、手数料が割高になりやすく、使いにくかった。

そんな問題点を今回解決してきたのが、マネックス証券のワン株。

もともと現物株の購入では買付手数料が無料のネット証券が増えてきましたが、単元未満株での手数料無料は珍しいです。

実は、マネックス証券でなくても、単元未満株での株式売買で取引に係るコストを手数料としては取っていない証券会社があります。

大和証券のコネクトやLINE証券などがそうですが、ただ、これらの証券会社は売買手数料と言う名目ではなく、買付価格自体を、ちょっと高めにして、実質的には手数料のような負担をさせているというところがあります。

正直コストが見えにくくなっていて、投資初心者にとっては、不親切だなと思わなくもないところです。

今回のマネックス証券の買付手数料無料は、そういうコストもなしに、手数料無料と言うことなので、少額投資家にとって期待のサービスとなるのかもしれません。


単元未満株での注意点。

株式投資の魅力の一つとなっている『株主優待』。

じつは、単元未満株だと、『株主優待』を受けられない会社がほとんどというところに注意が必要です。


配当金は、単元未満株であろうと関係なく、株式を保有している人は受けることができますが、『株主優待』に関しては、何株以上を保有しているかが、優待を受けられるために必要になっています。

中には、1株から優待を受けられる企業もありますが、そのほとんどが割引サービスやノベルティぐらいのものという感じなので、本格的な『株主優待』には程遠い感じです。

ワン株投資で、『株主優待』を受け取りたい人は、コツコツと単元未満株を積み立てていって、単元株になるまで頑張るしかなさそうです。


【投資・資産運用の相談と講座】

金融商品を売らない! 独立系の投資会社兼ファイナンシャルプランナー会社 ㈱あせっとびるだーず ではじめるお金の勉強。

0コメント

  • 1000 / 1000