『億万長者だけが知っている教養としての数学世界一役に立つ数学的思考力の磨き方(ヒュー・バーカー)』

数学を学んで、億万長者?

「数学を学べば億万長者になれなるのか?」と思うようなタイトルですが、やはり億万長者というのは、そんな簡単なことじゃなかった。


結局、本書の中でも言っていましたが、「億万長者になるための最善の方法は、お金持ちの状態から始めること」なんだそうです。

「なんだよ、支離滅裂じゃないか!」と言いたくなりますが、それが現実。

そしてこの現実は、数学的にも説明できる。

そして、数学が、この世の真理であることに疑いの余地はなく。

つまりは、この世は、支離滅裂であることが、紛れもない現実ということになってしまうわけです。


ただ、そうは言ってもお金持ちになれないわけじゃない。

「お金とはなんなのか?」という疑問まで遡れば、お金を多く手に入れるための考え方は確かにある。

それを数学的なアプローチから考えてみようというのが、この本です。


お金持ちに近づくためには、数学を知ることが、とても役に立つスキルの一つであると、この本を読むとよくわかります。


気になる投資と数学の関係?

お金持ちに近づくための手段といえば、『投資』が挙げられます。

本書で扱っている投資と数学の話は、いわゆる『現代ポートフォリオ理論』。

すでに、現代ポートフォリオ理論の内容を知っている人からすれば、「何だそんなことか」と思ってしまう話かもしれません。


現代ポートフォリオ理論で考えられている発想は、正直「なるほど」と思わされるものです。

しかし、残念ながら現代ポートフォリオ理論を駆使して投資・運用しても、なかなかお金持ちの仲間入りをするのは難しいものです。

現代ポートフォリオ理論というのは、所詮大金持ちになることを諦めた人の運用法であって。

しかも、その運用法が一番あっている人というが、すでにお金持ちの人というもの。

ちょっと真面目に投資をしている人ならば、誰でも気がつく話です。


本当に、人よりも裕福なお金持ちになるための投資は、ボラティリティの高い方法、考え方で、ギャンブラーのように行動しなければならない。

それが、本書を読んだことでよくわかりました。


気になる知識として『ケリー基準』という話がありました。

実際には、期待値とオッズから適正な掛け金を計算する方法として、数学的に考えられたものですが、その考え方をざっくりと言うとしたら。

「これは行けると思うチャンスを見つけたら、そこにできるだけ大きくかける」

というものです。

まさにバフェットの投資法そのもののように感じます。

本書の中では、バフェットは『ケリー基準』をつかって投資をしていると言っていました。

結局、投資とギャンブル(投機)というのは、その本質は、ほとんど似ているということなのでしょうね。


0コメント

  • 1000 / 1000