『Think Smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法(ロルフ・ドベリ)』

間違った思い込みをしながら生きている私たち。

 『Think clearly』の著者ロルフ・ドベリの、『Think Smart』。

前回『Think clearly』では、「偶然というものの世界で私たちは生きているんだ。」という事を改めて考えさせられ、この世界についての考え方に影響を与えられました。


今回『Think Smart』では、私たちが思い込みや間違ったものの見方をしていることで損していることを考えさせられました。

相変わらずの、素晴らしい内容でした。


驚くほどに、私たちは世の中を間違った思い込みを持っている。

登場するすべての話に、思い当たる節があり、読むたびに今までの自分の考え方や捉え方、行動などを見直しさせられる感じでした。


本書の最初に登場するアリストテレスの話。

『賢人が目指すべきは、幸福を手に入れることではなく、不幸を避けることだ。』

本書では、この言葉が、本の中心に来ていると感じます。

私たちは、間違った思い込みによって、失敗したり、損したりすることが多い。

『不幸を避ける』ためには、間違った思い込みを正さなければならない。


しかし、間違った思い込みを正すといっても、簡単な事ではないことも十分にわかっている。

なぜなら、私たちの遺伝子レベルに組み込まれていることも多々あるからです。

でも、直すことはできなくても、気づくことは出来るのかもしれない。

やってしまったことを、気づかずにそのままにするか、気づいてすぐ訂正できるか、その差は大きいのかもしれないとも思いました。


計画を立てると安心する?

本書の中で、計画を立てると安心するなんて話もありました。

ファイナンシャルプランナーという仕事に関わっていると、ライフプラン表やキャッシュフロー表などの計画書の話が登場することがあります。

確かに、これらの計画書は、作った時はいいけれど、その後計画を見返して確認するなんてことは、ほとんどしないものです。

だいたい、この世界は不確定要素が多く、1年先の計画だって思い通りに進まないことも良くあります。


はっきりいって、FPが作ったライフプラン表やキャッシュフロー表が、そのままそっくり人生の指針になるなんてことは、十中八九あり得ないことでしょう。

1年先でさえ怪しいのに、何十年も先の計画なんて、ほとんどが無意味である場合の方が多いと思う。

しかし、それでもFPに依頼し、それなりのお金を出して計画表を作る人がいる。

これはもしかして、『計画を作ることで安心する』という効果を考えてのことなのだろうか?

それが、『ゼイガルニク効果』といわれるものです。


もしかして、FPの作るファイナンシャルプランニングとは、『ゼイガルニク効果』なのか?

そう考えると、FPの作るファイナンシャルプランニングという計画書自体はあってても間違ってても構わないのかもしれない。


ある程度、具体的に、明確に、問題点を把握することができれば、それでいいのかもしれない。

計画書自体の高度な精密さは、思っているほど必要ないのかもしれない。


「そう考えると、安くはないお金を払って作ってもらう割には、それでいいのか?」なんて言えなくもない。

でもそれで、お金の不安が払拭できるのであれば、それはそれで価値があるのかもしれない。

とりあえず、不安を感じたら、『FPと一緒に話し合って』、計画書を作ってみる。

多くの人が考えている意味でのファイナンシャルプランニングとは違うかもしれない。

だけど、『安心を買う』という意味では、『セイガルニク効果』によって効果があることは間違いなさそうです。


ファイナンシャルプランナーの本来の姿というのは、『お客様を安心させる』ことにあるのかもしれません。


0コメント

  • 1000 / 1000