意見の分かれるビットコイン、その存在は是か非か。一体どうなる?

人によって、意見がまちまちの暗号資産。

昔は、仮想通貨と呼ばれていた、暗号資産。

正直、仮想通貨という名前は、よく考えればおかしかった。仮想の通貨なんて、いかにも怪しい名前です。

英語の単語をそのまま日本語に訳してしまったから、当時、仮想通貨なんて名前になってしまったのだと思いますが。


バーチャルな空間に存在する通貨のような機能を持ったものというのが、暗号資産の説明になるのでしょうか?

現金のようにお札やコインは存在せず、でもデータとして世界に存在していることで、そのデータをやり取りし、通貨のように利用できるというものでした。


暗号通貨は、その技術が画期的であったためとても話題になりました。

しかし、世の中に広まるにつれ、徐々にいくつもの問題点が認知され始め、一時落ち着いたものですが、ちょっと前にさらに高値を更新していたこともあり、また話題になりました。


そして、最近いろんな権威の人が暗号資産の存在について、意見をしています。

暗号資産の代表格である、ビットコインについて、ある人はこれからデジタルゴールドになるといい、またある人は、その存在意味に懐疑的だという。

一体これから暗号資産はどうなるのだろうか?


日銀の黒田総裁は懐疑的?

日本銀行の黒田総裁は、ビットコインを疑問視するメッセージを発したようです。


確かにビットコインには、様々な問題がある。

でも、そこに使われている技術自体は、とても優れたものであることも言われています。


そもそもどうなのだろう?

安全資産と言われる、金(ゴールド)だって決済には利用されていないし、その価値の裏付けがなんなのかを説明しろと言われたって、案外曖昧なものにもなりかねません。

その点では、現物があるかないかで、金もビットコインも変わらないものなのかもしれない。


価値が曖昧なものと言えば、通貨なんてまさにそうです。

国の都合で、たくさんばらまいたり、減らしたりできてしまう。

「通貨の価値って?」と言われたらどう答えたらいいのか、誰にでもわかる明確な答えは出しづらい。

すくなくとも、食べ物のように、人間以外の生き物であっても欲しがるようなものではない。


結局は、「君子危うきに近寄らず」?

ビットコインが今後どうなるかは、結局は誰にも分らない。

価値があると言ったり、そうではないと言ったり、様々な議論がされながら、徐々にその答えが見つかるのかもしれません。


個人的には、その答えが見つかってからでも近づくのは遅くはないのかもしれないとも思う。

2,3年で消えるものなのか、50年以上も続くものなのか?

ただ思うところとしては、すでにとんでもない値段がつき、かなりの額の資産になってきている。

いきなり消えるには、ちょっともう違うのかなという気もしなくもない。


信用しきることは避けつつも、興味をもって見ることは良いことなのかもしれない。

もしくは、資産の中のほんの一部をビットコインに変えてみて、様子を見てみるのもありかもしれない。


未来がどうなるかはわからないけれど、未来予想というのは、一度にうごくよりも、予測を変えながら少しづつ動くほうのが良いという話を聞いたことがある。

暗号資産の問題は、まさにそういう事なのかもしないですね。


【投資・資産運用の相談と講座】

金融商品を売らない! 独立系の投資会社兼ファイナンシャルプランナー会社 ㈱あせっとびるだーず ではじめるお金の勉強。

0コメント

  • 1000 / 1000