『それはあくまで偶然です:運と迷信の統計学(ジェフリー・S・ローゼンタール)』

投資をするなら知っておきたい偶然の話。

この本は、別に投資家のために書かれた本ではありません。

でも、投資をするなら『たまたま』の話は知っておきたい。

投資での『たまたま』を題材にした本といえば、ナシーム・ニコラス・タレブの『まぐれ』が有名かもしれません。


投資と『偶然』は、とても強い関係性があると考えています。

そもそも、株式市場などのマーケットでは、ランダムウォークという理論が主流になっています。

もし、このランダムウォークを受け入れるのであれば、株価の動きは、ランダムで予測不能なものということになります。


ランダムであるということは、まさに『偶然』による影響が大きい世界であることを意味するわけです。

それなのに、様々な人が、マーケットの次を予測しようと必死になっています。

そして、『たまたま』答えを当てたときに、それが『偶然』によるものなのか、それとも『偶然以外のなにか』なのかの境がわからなくなってしまうものです。


偶然なのか、それとも偶然以外の何かなのか?

ものごとの結果に対して、それが『偶然』なのか、それとも『偶然以外のなにか』なのかを判断することは、思っているほど簡単なことではありません。

この本では、その『偶然』と『偶然以外のなにか』を考えるための材料を与えてくれます。

しかし、「わかっていても、実際にはどうだろう?」という感覚は残りました。

言ってみれば、それほどに『偶然』を扱うことが難しいってことなのでしょう。


テレビや雑誌、本などで、それはただの『偶然では?』と思うことを、まるで真実であるかのように説明していることを見かけます。

投資関連の本などを読んでいると、まさにそれに出会うことが多々あります。

本書の中で言う所の、「散弾銃効果」などは、よく見かける典型例です。


本書の中でも出てきましたが、『偶然』の話をすると、世界をつまらなくしてしまうことがあります。

人は、奇跡や運命という話に惹かれることがどうしてもあるものです。

そして、そのストーリーによって、凄さや美しさ、そして感動を感じることがあったりします。

これが、人ということです。

人は、最初から『偶然』なんて求めていないわけです。

そのため、『偶然』を正しく認識できていない。


でも、この世の中の多くは、『偶然』に支配されている。

世の中をつまらなくするかもしれない『偶然』の話かもしれませんが、私的には、その『偶然』というものに面白さを感じる本でした。


0コメント

  • 1000 / 1000