やっぱりクレジットカード納付がお得? 自動車税を払うテクニック。

自動車税の支払いかた。

自動車税の払い方といえば、銀行やコンビニで支払うのが一般的だったかもしれません。

ですが、徐々にインターネットバンキングやクレジットカードでの納付も増えてきています。


自動車税のクレジットカードでの納付が増えてきている理由として、ポイントが貯まるという事があります。

最近では、支払いのほとんどをクレジットカードにまとめることで、もれなくポイントを稼ぐ、『ポイ活』が注目されています。

中には、月に数万単位のポイントを集める人いるそうです。

さらに、ポイントの利用範囲も広がってきていて、ほとんど現金に近い使い勝手になってきています。


自動車税の税額は、数万円になることが多いので、ポイントにすると数百円分になることもある大きなポイント獲得の機会です。

しかし、自動車税のクレジットカード納付しようとすると、システムの利用手数料として手数料がかかるため、手数料とクレジットカードのポイント、どっちが有利かを考えながら利用しないと、かえって損することもあります。


クレジットカード納付には、納付書がない?

自動車税をクレジットカード納付にすると、納付した証明でもある納付書が発行されません。

そうなると、心配なのが「車検の時どうするの?」という疑問じゃないでしょうか?


もちろん、クレジットカード納付でも、自動車税事務所などで納税証明書を発行してもらうことは可能です。

でも車検のために、わざわざ納税証明書を取りに行くぐらいなら、納付書が用意できる現金納付の方がいいんじゃないかと思わなくもありません。


ところが、最近では、納付書がなくても車検の時に、自動車整備の会社の方で、自動車税の納税確認ができるようになり、紙での納税証明書の提出が必要なくなりました。

なので、クレジットカード納付で納付書がなくたって、車検の時に困ることがなくなっています。


支払いも楽に済むし、ポイントでもお得。納付書がなくても困らない。

これは、クレジットカード納付を使わない手はないのかもしれません。


自動車税の納期限は、数日遅れても大丈夫?

自動車税の支払額は、そこそこに大きい?

期限までに支払いができない事もあるかもしれない。

でも実は大丈夫なのです。

中には、わざとボーナスが入るまで支払いを遅らせているような人もいます。


税金の支払いが遅れた時に係る利息のようなもの、それを延滞税と言います。

ちなみに自動車税は地方税にあたるので、正しくは延滞金と言います。

実は、この延滞税や延滞金には、1,000円以下は切り捨てるという仕組みがあるのです。


つまり、延滞税や延滞金が999円以下になれば、納税期限を過ぎて支払っても、延滞税や延滞金がかからないのです。

先ほどのボーナスが入るまで支払いを遅らせている人は、このことを知っているから、堂々と支払いを遅らせているわけですね。(知らずに利用している人もいるかもしれませんが)


【投資・資産運用の相談と講座】

金融商品を売らない! 独立系の投資会社兼ファイナンシャルプランナー会社 ㈱あせっとびるだーず ではじめるお金の勉強。

0コメント

  • 1000 / 1000