『入門 J-REITと不動産金融ビジネスのしくみ(田渕 直也)』

投資するなら安定利回り?

金融商品に投資をしている、多くの人が考えていることとして、「値動きに左右されない安定した利回り」ということがあるかと思います。

そして、その検討先の一つとしてJ-RIETを考える人も少なくないように思います。


J-REITは、不動産に投資をし、賃貸料という株式の配当金に比べればある程度安定したキャッシュフローが望める投資先だと考えられていますが、実物の不動産投資を経験した人はともかく、一般の方の多くにとっては、不動産に投資をするということでさえ、未知のところが多く。

やはり、J-REITに対しても、「わからない」という不安がつきまとうものです。


不動産に投資をするJ-REITは、基本的に、保有している不動産から入る賃貸料を元に分配金が入ってくることになっています。

そのため、一般の人も想像する通り、ある程度見通しがたち安定した年間収益が計算できる傾向があります。(ホテルや商業施設に投資をするJ-REITの場合は、収益が大きく変動することもあった。)

さらに、パススルー課税という、不動産賃貸をして入ってきた収益のほとんどを分配金として支払うことで、J-REIT自身は法人であるにも関わらず、法人税が課税されないようにもできるため、簡易的に不動産投資をしているのと同じ感覚で投資ができると言われています。


だけど、実際のJ-REITの運営がどうなっているのか?

倒産することはないのだろうか?

不動産賃貸ビジネスとJ-REITの違いは、ないのだろうか? またどう違うのだろうか?

そもそも不動産賃貸ビジネスとは、どういったものなのだろうか?

など、不安な要素は、たくさんあり、安定分配のJ-REITといえど積極的に投資をしにくいところがあるものです。

結局、分散投資の一部として使う程度ということになるのが多いのではないでしょうか?


J-REITの仕組みを知るなら、その周辺知識から⁉

J-REITに本格的の投資をしてみようと思うなら、この本はおすすめだと思います。

J-REITが不動産賃貸のビジネスだとは言っても、その周りにある、金融の基本を抑えなければわからないことが多いものです。


実物の不動産賃貸を行っていても、J-REITが何なのかは、案外わからないという人も少なくないと思います。

J-REITは、不動産賃貸の話と金融の話の両方を抑えて、初めてJ-REITが何なのかが見えてくるんだなと本書を読んで感じました。


そもそも不動産賃貸というビジネスは、金融、つまりは融資を利用するという話を切り離してすることができないものです。

不動産賃貸ビジネスと融資の関係を理解しなければ、不動産賃貸というビジネスを理解することはできないと感じます。

だから、不動産賃貸というビジネス周辺の金融の知識が乏しい私達には、J-REITが近いようで、なぜか遠い存在と感じてしまうのかもしれません。


この本は、実はJ-REITに直接関するページはほとんどありません。

でも、不動産周辺の金融の知識を考えることで、J-REITへの理解が急に深まったようにも感じました。

J-REITのことについて直接的に説明している本よりも、J-REITのことがわかったような気もします。

中心を抑える前に、まずは周辺知識から抑える。

『案外遠回りのようで、実は近道だった。』って感じです。


0コメント

  • 1000 / 1000