老化は治せる?『LIFESPAN(ライフスパン) 老いなき世界 (デビッド・A. シンクレア)』

「健康な状態で長く生きたい。」と誰でも一度は思うものです。

そんな童話にでてくるような夢のような願いも、科学の力で現実的になってしまうかもしれない。

「老化は、治すことが可能な病気なのかもしれない。」

とても興味深い本でした。

老化は病気?

「年を取ること」これは当たり前のことだと思っている人がほとんどです。

というよりも、この本を書いている人、この本に出てくるような老化の研究をしている人、そしてこの本を読んだ人以外の人は、老化することは死ぬこととと同じで絶対に避けられないものだと考えているのではないでしょうか?

しかし、老化することは絶対とは言えなくなってきた。

老化は病気の一種。

それも治すことのできる病気だと言うのです。

不思議だなと思う人は、一度この本を読んで、考えてみるといいのかもしれません。

老化というものが、違って見えてきます。

とてもおもしろく、興味深く読むことができると思います。


そもそも老化するとは何なのか?、なぜ老化するのか?

老化する原因がわかれば、その原因を取り除くことはできるのか?

そんなことが、科学の力で見えるようになってきた。

概略から言えば、老化とは、DNAの情報が徐々に失われていくことによって起こり、そのDNAの失われた情報は回復する事が可能であり、その回復も現在の科学技術で実現可能なところまで見えてきているというのです。

こんな話が面白くないわけありません。

化学や生物といった多少の基礎知識がないと読みにくいところもあるように感じましたが、全体を通して、ワクワクしながら読めました。


老化を食い止めるために?

今の科学技術なら、老化を食い止めるどころか、若返ることだって不可能ではないようです。

しかし、現状の社会、医療の現場でそれを行うことは、いろいろ問題があるようです。

まず「老化を病気とは、みなされていない」。

つまり、老化防止は医療ではないというのが根本にあるので、そのための行為は治療行為にならないわけです。

そもそも、老化を食い止めることができれば、そして若返ることができれば、今の社会にはびこる様々な病気を減らすことができるはずです。

事実、ガンやアルツハイマーといった病気は、老化とともに発症する確率が上がることはよく知られています。

老化を治せば、病気もしなくなり、健康で長生きできる。


今はまだ、医療で老化に対応することはできないけれど、日常生活の中でやれることもある。

食事を減らす、運動をする、NMNサプリを飲む、といった方法があるそうです。

しかも、その老化にきくとされるサプリメント、そこそこの値段はしますが、簡単に手に入れることもできそうなので、これまた興味津々です。


長生きのリスク?

本書の中では、みんなが健康で長生きするようになったら、社会はどうなるのかといった考察がされていました。

人口増加の問題、消費やエネルギーの問題、労働環境などの変化。

どの話も、マクロ的な内容でしたが、私達個人の生活は長生きすることでどんなことになるのだろう。

今は『長生きのリスク』なんて言葉も出てきています。

人生100年時代なんて言われて、長生きすることをリスクを捉えるようになってきています。


長生きのリスクで一番の話題といえば、やっぱり『お金』でしょう。

よく老後は2,000万円の貯蓄が必要だと言う人がいますが、本書で言うような人生120年時代になったら、一体どれだけのお金が必要なのだろうか?

確かに老後のお金のことを考えると、長生きすることにも不安に感じてきます。


もし人生120年時代が来たら、私達の老後のお金の話も大きく変わるかもしれません。

多分、貯金額よりも稼ぐ力がものを言う時代になるようになる気がします。

蓄えたお金を使うのが老後の生活なのではなく、若いうちに身につけたスキルや投資などで、いつまでも収入を得られるようにすることが求めらる時代になるかもしれません。

幸いにも、本書の内容のような人生120年時代が来たら、いつまでも若々しく生きられるようなので、いつまでも頭を使って投資をしたり、働き続けたりすることができるかもしれません。

そしてそうなるために必要になるのは、『自分への投資』という発想だと思います。

これから先、より投資というものの考え方がより重要な意味を持ってくるような気がしてきます。

そして、この人生120年時代は、幻想などではなく本当に来るかもしれない近い未来だと、この本を読むと思わされます。


0コメント

  • 1000 / 1000