公的年金の受取り方。繰上げ受給か繰下げか?

公的年金の受取り方。

繰上げ受給か繰下げか、どっちの方がいいのだろうか?と話題ですが。

繰上げ受給と繰下げ受給。

公的年金の受給開始年齢の基本は、65歳です。

しかし、65歳よりも前で受取開始することもできるし、逆に65歳以降から受給開始することもできる制度があります。

65歳よりも前に、受給開始することを繰上げ受給。

65歳より後に、受給開始することを繰下げ受給、と言います。

具体的には、繰上げ受給は、60歳から65歳、繰下げ受給は、65歳から70歳となっています。


よく問題となるのは、繰上げ受給か、繰下げ受給かという話題です。

繰上げ受給は、早く年金を受給することができるが、反面、年金額が一生減額されてしまいます。

対して、繰下げ受給は、年金の受取開始が後にはなるが、その分、一生年金額が増額されることになっています。

メリットデメリットが、どっちもどっちなので、どちらを選べばいいのか悩むところです。

せっかく年金額を増やそうと思って繰下げ受給を選んだはずなのに、もし、早く死んでしまうことがあれば、結果的に、たいして年金を受け取らずに終わってしまいます。

しかし、逆に繰上げ受給を選んで、もし長生きしてしまったら、少ない年金のまま、一生生活を切り詰めながらの生活となってしまうかもしれない。

どちらを選ぶかは、なかなか難しい問題です。


基本は、繰下げ受給のスタンス?

分からない問題は、とりあえず先延ばしにしよう。

人生をうまく生きるコツは、『寛容なしっぺ返し戦略』。

先のことを考えて、あれこれ悩むのではなく、事がおこってから対処したっていいじゃないか?という話です。


『寛容なしっぺ返し戦略』というのは、ゲーム理論という数学的な考え方、言ってみれば世の中の真理的な考え方で考えると、「良いことでも、悪いことでも、何かをされたら、それと同じことをお返しする。しかし、悪いことをされた時には、ときどき許してあげる。」というスタンスで生きることが、この世の中をうまく生きるコツだという事がわかったという話です。


つまり、公的年金も、「本当に必要になってから受取するか決めてもいいんじゃないか?」ということです。

幸いにも、繰上げ受給も、繰下げ受給も申請するのは、いつでもいいことになっています。


それに、年金の受給開始を遅らせれば遅らせただけ、一生受取ることのできる年金額が増えるのだから、必要ないぐらいなら、一種の資産運用だと割り切って、長生きの蓄えとして置いておいてもいいのかもしれません。

65歳前に受け取る繰上げ受給の場合は、一月当たり0.5%の減額率となっています。

つまり遅れて受け取ることで、年6%変わることになります。

65歳以降の繰下げ受給の場合、一月当たり、0.7%の増加額。

つまり、年8.4%の増加です。


これと同じようなリターンが得られる運用先なんて、正直めったにありません。

ましてや、国による元本保証付き?となると、なおさらのことです。

退職金を老後のためにと、投資信託などで運用しようとするぐらいなら。

退職金を先に使って、「そろそろ無くなりそうかな?」ってぐらいになってから、増えた公的年金を受け取るようにしてもいいのではないでしょうか?


繰上げ受給と繰下げ受給には、一長一短があり、なんとも言えないところもありますが。

あまり深く考えず、あるがまま。

必要な時に、必要なことをすればいいのかもしれませんね。


【投資・資産運用の相談と講座】

金融商品を売らない! 独立系の投資会社兼ファイナンシャルプランナー会社 ㈱あせっとびるだーず ではじめるお金の勉強。

0コメント

  • 1000 / 1000