『配当成長株投資のすすめ 金融危機後の負の複利を避ける方法(デビッド・L・バーンセン)』

なんか読みにくかったこの本。

主な内容は、株式の配当金に注目する投資、でも、高配当ではありません。

”配当成長”がポイントです!

高配当ではなく、配当成長⁉

配当株投資というと、配当利回りが高い、高配当株投資が有名です。

配当金がもらえるという単純な理由で投資をするために、高配当株式投資を投資戦略として選択する人も少なくないように感じます。

しかし、本書も同じような内容かと思ったら大違い。

本書で提案しているのは、高配当ではなく、配当金が増加していく配当成長です。

配当利回りが5%であることよりも。

配当利回りが3%であっても、その配当金が年々増えていく株式の方がいい。

というのが、本書で提案している内容です。

ただ、残念ながら、本書の中では、具体的な銘柄選択の方法や、投資の仕方については詳しく説明されていません。

『配当成長株投資』というものが、どうして有効だと考えられるのか、その論拠を説明している内容になっています。

つまり、本を読むことに、”答え”を求めている人には向かない本になっています。

投資の本に、方法ではなく、視点や気づきを求めている人、つまりすでに投資をしてきたベテラン向きの投資本ともいえます。

個人的には読みにくいと感じる本ではあったのですが、『配当成長株』という戦略について、納得行く根拠を得られたという感じはありました。

資産の引き出し方という重要な視点。

当たり前のことなのに、あまり触れられてこなかった事実。

それは、”投資した資金からのお金の引き出し方”です。

『投資をしながら引き出そう』とか、『資産額から何%で引き出そう』とか、あまりピンとこない説明が多い中。

この本では、このピンとこない部分を当たり前のように答えてくれました。

要は、『インカム(配当金や分配金、利息など)の範囲で引き出そう!』です。

そもそも資産運用の目的は、資産額を増やすことではないはずです。

お金を引き出すことが目的であったはずです。

それなのに、金融機関や政府の思惑なのか、資産運用の話になると、蓄える資産額に注目する話が多いものです。

『蓄えて、その後に取り崩す』

この資産運用の考え方には、以前から疑問に感じていました。

中には、『運用しながら取り崩す。』

なんて話もありますが。

運用するとなれば、当然価格が変動するリスクを負うことになります。

「資産価格が変動するなか、平気で予定通りに取り崩しができる人がどれだけいるのだろうか?」

とつねづね疑問に思っていました。

「使うお金は、インカムから引き出した方がいいだろう。」というのは、当然のように思うことです。

なぜ、多くの資産運用の説明が、その考え方に行き着かないのか不思議だったわけです。

考えてみれば、その方法を知らなかったのかもしれません。

本書で論じている”配当成長株投資”は、このインカムに注目し、取り崩しをすることまでを考えた、資産運用の本来の目的を達成するための、投資戦略と言えるものです。

【投資・資産運用の相談と講座】

金融商品を売らない! 独立系の投資会社兼ファイナンシャルプランナー会社 ㈱あせっとびるだーず ではじめるお金の勉強。

0コメント

  • 1000 / 1000