権力とは財布を握ること?『帳簿の世界史(ジェイコブ・ソール)』

帳簿の歴史。

言ってみれば、お金の管理の歴史ですね。

会計という視点から歴史を見るのもまた面白いものでした。

お金管理の歴史。

会計の話って、実のところ、あまり聞きませんよね。

『複式簿記』と聞いて、なんのことか明確にイメージできない人も少なくないのではないでしょうか?

一般的に利用される主なお金管理の方法としては、家計簿がありますが、それは基本的に収入と支出をつけるだけのものです。

『複式簿記』になると、収支だけでなく、資産の内容や負債とのバランスなど、いろんなことが見えるようになって、実際に使ってみると、その仕組の見事さを感じずにはいられません。


その複式簿記ですが、昔から当然のようにあったわけではなく、歴史的には、なかなか受け入れられなかった過去があったようです。

複式簿記は、財産やお金を管理する方法として、とても便利な方法ではあったものの、当時の権力者たちからすると、財政内容など本来見られたくないようなものまで見えてきてしまうため、複式簿記の本格的導入を避けていたところがあったようです。

そんな歴史の中でも、メディチ家のような当時の富豪たちは、『複式簿記』を活用することで、莫大な財産を築き。

そして、その当時の権力者として歴史に名を残すまでになったようです。

まさに、経済力を持つものが権力者になる、つまり『権力とは財布を握っていることである』ですね。

歴史の権力者とは、その当時の経済、財政、そしてそれらの管理を行っていたものたちなのかもしれません。

会計の力が歴史にどれだけ影響しているのかを知る面白い本でした。


会計は、経済成長とともに発展してきた。

会計の歴史を見ると、経済の発展とともに、高度化し、複雑化していったことがわかります。

貿易の時代には、出資者の分け前を正確に計算するのに、会計がつかわれ。

鉄道の時代になると、その莫大な設備投資のために、より高度な会計が使われるようになり。

そして、金融の複雑化とともに、より複雑な会計システムが必要になってきた。

まさに経済と会計の深い関係を感じます。

経済の発展が、会計を発展させたのか?

それとも、会計が発展したことで、経済も発展してきたのか?

どっちが先なのかわからない感じです。


会計システムの歴史をたどることが、これほど面白いと感じることになるとはと思いました。


会計の根本には責任という重要なポイントがある。

本書を読んで感じることは、どの時代でも、会計に責任を持つということでした。

『正しい会計』

『透明性のある会計』

それが欠如したとき、歴史に大きな事件が起こってきたのだと感じさせられます。

絶対王政の絶大な権力を持っていたフランスの王。

彼らでさえ、透明性のある会計をあまり重要視してこなかったために、フランス革命によって断頭台に送られることになってしまった。

負債の大きさを無視し、贅沢してきた。

その贅沢の度合いが、国民に数字(会計)として知れ渡ったとき、国民の怒りをかってしまった。

言ってみれば当たり前のような話に聞こえますが、この問題は、昔だけの話ではなく、今でも終わることなく続いている。


本書では、現代の会計責任の問題点を、次のように書いています。

『経済の破綻は、単なる景気循環ではなく、世界の金融システムそのものに組み込まれているのではあるまいか。金融システムが不透明なのは、決して偶然ではなく、そもそもそうなるようにできているのではないだろうか』

責任ある、正確で、透明性のある会計というのがどれだけ難しい話なのかということを象徴しているかのような説明だと感じました。


会計という視点から歴史を振り返ることが、こんなにも面白いものなんだなと、新たな視点を持てた興味深い本でした。

【投資・資産運用の相談と講座】

金融商品を売らない! 独立系の投資会社兼ファイナンシャルプランナー会社 ㈱あせっとびるだーず ではじめるお金の勉強。

0コメント

  • 1000 / 1000