資産運用の基礎知識、『投資』と『投機』は、何が違う?

『投資』と『投機』。

資産運用では、この違いを分かっていないとダメ?

投資は良くて、投機はダメ、と言わることもあるようですが。

投資と投機?

資産運用をするなら、投資と投機の違いを分かっていないとダメと言われています。

よくある投資と投機の違いを説明する話としては、「投資は成長する先に、資金を投じることで、投機は価格変動を狙って、機会に資金を投じる」なんていわれたりしています。

そして、「投機はギャンブル的なものなので、失敗することがあり、やってはいけない。資産運用では、投資をしましょう。」という結論になっていることが多いものです。

しかし投資も投機もそんなに違いがないのが実態です。


例えば、株式投資は、お金を投じている期間は違えど、「これから価格が大きく上昇だろう」と見込んでいるから投資をするわけです。

また、たまたま大きく株価が下落して、「今なら本質的な価値よりも価格が安くなっている、この機会に投資をしよう」などと考えて投資しています。

これって、価格変動を狙って機会に投じる、投機と言われているものと何が違うのだろうか?


また、投機と言われている行為であっても。

ある程度、統計や確率などを基に計算した結果、「このタイミングで買って、このタイミングで売るを何度も繰り返していれば、将来的に何%儲かる可能性がある。」という事がわかり、それをもとに行う行為は、確かに成長に賭けているのではなく、価格変動を利用した投機なのかもしれませんが、ギャンブル的な投機として結論付けてしまっていいものなのでしょうか?


「投資は良くて投機はダメ」というのは、結構偏った見方なのかもしれません。

投資と投機は、本来、一緒に考えるのが正しいのかもしれません。


大切なのは、期待値がプラスであること。

投資は、成長がどうのとかいうけれど。

結果的に投資の世界にあるものは、『運』と『偶然』であるという事を痛感させられます。

「投資が良くて、投機はダメ」なんて言う人は、この『運』と『偶然』を無視しているのではないかと思うぐらいです。


投資の世界が、『運』と『偶然』に左右されることが多いのであれば、それこそ成長といった投資的な視点ではなく、確率的な発想が大切になってきます。

そして、その中心的な考え方が、『期待値』です。

つまり、一回勝負では勝つか負けるかわからないけれど、似た勝負を何度も繰り返していくうちに、最終的に勝てるはずと考えられる勝負をするという考え方です。

ギャンブルといえば、パチンコや競馬、宝くじが有名ですが、これらは運営側が儲かるように、参加者のかけ金の一部を抜いているため、この勝負の参加者はトータルで負けるようになっています。

つまり、期待値がマイナスのゲームというわけです。


投資で成功するためには、この期待値がプラスになっているゲームで勝負することに徹することが重要という事です。

それが、投資といわれるものであろうが、投機とよばれるものであろうが、同じ事です。

『投資』と『投機』に大きな違いはない。

大切なことは、期待値がプラスのゲームに参加するという事なのです。


【投資・資産運用の相談と講座】

金融商品を売らない! 独立系の投資会社兼ファイナンシャルプランナー会社 ㈱あせっとびるだーず ではじめるお金の勉強。

0コメント

  • 1000 / 1000