投資を始めるなら、ちゃんと勉強をしよう!

勉強しないと損するはめに?

資産運用や投資では、勉強しているかどうかの差はとても大きいです。

資産運用や投資にかかわる世界は、常に弱肉強食。

『投資する人のお金を狙う金融機関などの業者。』『不確かな情報でお金を稼ごうとする人。』『もっともらしい答えを話す無責任な人。』

そういった人たちがうじゃうじゃいる世界です。

しかも、そのような人たちは、胡散臭いところだけに存在するのではなく、私たちが普段目にする一般的な世界にこそ存在しているから、なお厄介なことになっています。

そんな世界の中で自分の身を守るためには、結局のところ誰かに守ってもらうのではなく、自分で自分の身を守るための知識と経験を積んでいかなければなりません。

資産運用や投資の世界に足を踏み込むのであれば、『勉強すること』が何よりも大切なことなのです。

【投資を学ぶなら、本を読むことが最善です!】

本は比較的低いコストで高いパフォーマンスが得られる最高の学びの場です。

投資の神様ともいわれる著名投資家のウォーレン・バフェットが読書家であることは有名です。毎日欠かさず200ページほど本を読んでいるといわれています。

また、「投資で成功するためにどうしたらいいですか?」との質問に対し、読書することを勧めたことも有名です。


おすすめの本